関数 sumproduct

まったく統計学を知らないところから学びをスタートしたので、当初は統計学の理論を本で読んでも、なんのこっちゃわかりませんでした。 社会人になってから統計学と出会いました。 F列では単価であるB列、個数であるC列、E列を掛け算しています。

1
関数 sumproduct

これで正しく表示されたので、他の行も同じく変更しておきます。 では、手順を説明していきます。

8
関数 sumproduct

。 このページでは、MAX,MIN,MAXIFS,MINIFS,FILTER,DMAX,DMIN,INDEX,配列数式,SUMPRODUCTといった関数を使っています。

11
関数 sumproduct

表で示すと、下表の各行の計算結果を合計していることになります。

関数 sumproduct

SUMIF それではいよいよ、SUMの応用編です。 各商品の単価と販売数を掛け、それらを足し合わせて、すべての販売数で割る方法 さきほど掲載した表に、各商品の単価と販売数を掛けた数値を追加しました。 詳細な使い方は をご覧ください。

関数 sumproduct

) ・・・と条件を入れる( )を増やすだけで、条件を増やしていくことができます。 この例では、SUMPRODUCT を使用して、特定のアイテムとサイズの売上合計を返します。 サクッと一瞬で終わります。

16