と 正体 千 千尋 カオナシ

神様たちは普段私たちの住む世界で神様として働き、その疲れを湯婆婆やハクのいる異次元の世界の湯屋で癒すのです。 千尋が両親がいないとわかったのは、特別な力を使っていたワケではないんですね。 可愛さ余って憎さ100倍って感じですね! カオナシは自分の都合よく物事がいかないとすぐキレてしまう 現代の若者を表現したとも言われています。

と 正体 千 千尋 カオナシ

自分の居場所が見つかる。

6
と 正体 千 千尋 カオナシ

砂金をもらった従業員たちは、カオナシに飲み込まれます。

1
と 正体 千 千尋 カオナシ

何より面白いのは、カオナシ自身だけでなくカオナシが作り出した砂金などすべてが無くなってしまうのです。

6
と 正体 千 千尋 カオナシ

カオナシの正体についてはもう1つ説があります。 千尋は正直、見た目も冴えないし、ちょっと鈍臭い。

6
と 正体 千 千尋 カオナシ

日本の古来からある風習の一つで、 汚い物などとの「縁をチョン切る」という意味があるそうです。

12
と 正体 千 千尋 カオナシ

そんなカオナシに対し、千は一緒に行こうと釜爺からもらった切符を使って電車で銭婆のところへ向かうのでした。

15
と 正体 千 千尋 カオナシ

それは、人間誰しも「欲」に塗れてしまうと見境をなくしてしまう可能性を持っており、それを避けるためにも 銭婆のような拠り所があると良いといったメッセージの意味を持っているのかもしれませんね。

10