エリーゼ 101 外科医

しかし、目を覚ますと1度目の人生に戻っていた!? 1度目の人生を多いに後悔していたエリーゼは人を思いやる様になり、2度目の人生の経験から、皇后ではなく外科医となって人の役に立ちたいと行動を起こします。 ずば抜けた見習い看護士として働くことになりながら混乱するエリーゼ。 ミハイル ロマノフ王朝の第二王子。

11
エリーゼ 101 外科医

だけどこういった傷は、複合的な合併症がない限り、時間はそうかからないはずだと経験からわかっていました。 ファンの中には絵の綺麗さだけでファンになった方もいます。

6
エリーゼ 101 外科医

心臓にメスを入れたとたん、血圧が下がっていきました 収縮期血圧は70! 10分いや、5分以内に銃弾を取り出して、もう一度心臓をふさがないと・・・。 だから、エリーゼは皇帝に対してとても感謝もし、尊敬もしているわけです。

5
エリーゼ 101 外科医

手術室では、グレアムが待っていました。 天才と呼ばれるグレアムの言葉に・・・!? 血しぶきのとんだ手術着を着て、汗だくで移動するエリーゼ。 身内であるリンデンやミハイルは、可愛い息子達ではありますが、あの悲劇のまさに関係者です。

4
エリーゼ 101 外科医

もしも急に引き抜いてしまったら、そのまま不整脈になる可能性があります。 といっても大層な頼みではなく、 少しだけエリーゼの顔を見ていたいという些細な内容でした。 ただ気になったのが、メルキト伯爵ですね。

1
エリーゼ 101 外科医

すると男爵が体を休めることも大事と手術を代わってくれるのであった。

4
エリーゼ 101 外科医

間もなく褒賞式となり、広間に一人待たされるエリーゼ。 血圧は、収縮期血圧が40。 病院に戻ったのでしょう。

5