ボーイズ 紀州

しかしホームズは遺族や元捕虜につながる人脈がなく、伝える術はなかった。 翌は快晴の空の下、慰霊祭が開かれ、イルカボーイズのほか、実行委員、紀和町民、紀和町役場関係者、墓を維持してきた老人クラブの面々、付きの、大勢の報道陣 が参列し 、総勢約300人となった。 委員会の目標は125万円であったが、日本中にイルカボーイズのことが知れ渡った結果、約1000万円をあつめることができた。

14
ボーイズ 紀州

自由の身となった兵士らは村人との交流も自由となり、学校で子供たちとに興じたり、収容所でを開いて村人を楽しませたりした。 墓地にはを掲げ 、老人クラブでは定期的に花を供え、、掃除をして墓地を維持している。 , pp. 山口康平は「突然の日本人の出現を嫌がる人たちもいた」と穏当な表現を用いている が、ホームズが初めて参加した(平成3年)の極東捕虜協会全国大会(、)では「用はない」、「帰れ」 、「日本人の顔など見たくない」と怒号が飛んだ。

11
ボーイズ 紀州

この墓地は(昭和21年)初頭までに石原産業が建立したもので、当初は遺骨が埋葬されていたが、(昭和23年)頃にの墓地捜索班が()へ遺骨を移したので、厳密には「墓地」ではなくなった。

9
ボーイズ 紀州

岩脇彰「紀州鉱山に残る戦争遺跡」『三重の戦争遺跡 増補改訂版』三重県歴史教育者協議会 編、、2006年8月15日、254-256頁。 一行はの瀞流荘に宿泊し、捕虜だった頃にイルカボーイズの通訳を務めた日本人男性と再会し、旧交を温める 場面があった。 墓地の管理は当初、個人が行っていたが、(昭和33年)頃に地元のの活動となった。

ボーイズ 紀州

出席した松岡裕之は、報道陣が日本語の時は静かにしていたものの、英語の時はガサガサと大きな足音を立てていたと苦言を呈している。 大阪柴島ボーイズ 中学部のホームページ• ご容赦ください。 イルカボーイズの一員として入鹿を訪れたジミー・ウォーカー(1917-2005)は、入鹿の住民が記念碑(墓地)を建て維持することで、かつての同志を弔っているという事実に感銘を受け、捕虜時代の経験を綴った自伝 "Of Rice And Men" を出版した。

13
ボーイズ 紀州

さらに日本の厳しい冬が彼らの身に襲い掛かった。 2017第25回栗東さつき大会ジュニアの部準優勝2016第22回豊中大会優勝! :英国人墓地のをお願いします。

ボーイズ 紀州

村民からの差し入れに感激し、通りかかった葬儀の列に敬礼をするなど、捕虜と入鹿村民との間には温かな交流があった。 当時の入鹿村にはの経営する紀州鉱山があり、ここで捕虜を労働させることが目的であった。 (平成4年) 、イルカボーイズ一行26人(家族を含む) は大雨の中、47年ぶりに入鹿の地に降り立った。

6