ニュース トップ

また、コロナ禍で対応のクラウド製品を含むセキュリティーソリューションが伸びている。 足もと米中摩擦が再び先鋭化する気配を漂わせているが、その底流にはAI覇権が絡んでいるといっても過言ではない。

12
ニュース トップ

19年12月期は24%増収を達成、20年12月期も会社側非開示ながら大幅増収が有力視される。 【サイバネットはCAEソフトで新境地開拓】 サイバネットシステム の900円台後半のもみ合いは4ケタ大台を前に仕込み場を提供している。 また、直近ではAIチャットボットを導入したCAE技術サポートサービスの提供を開始した。

ニュース トップ

AI分野の展開力も特筆され、大腸内視鏡向けのAI診断システムを昭和大学、名古屋大学と共同開発している点は注目(オリンパス が販売)。 今の世界株高はワクチン普及への期待でバブル化しているのかといえば、それは明らかに本質から外れた解釈である。

ニュース トップ

得意とするERPクラウド化コンサルはコロナ禍でも順調な伸びを確保している。 アフターコロナの世界はコロナ禍で苦境に立たされる前の景色とは明らかに違うものとなる。

5
ニュース トップ

パソコンでご利用のお客様 Windows:Internet Explorer 11. 来期以降、今後数年間にわたり、デジタル関連ビジネスコンサル市場は企業のDX推進の動きを背景に年率20~30%程度の高い成長が想定され、同社の活躍余地は極めて大きなものとなる。

7
ニュース トップ

その答えはデジタル社会の加速的な進展である。 同社株にとって4ケタ大台ラインは滞留出来高が多く強力なフシ目として意識されてきたが、ここを上抜けば一気に視界が開ける。 くしくも新型コロナの感染拡大防止の点から、社会のデジタルシフトが後押しされた形だが、日本では現金給付の遅れなどでアナログ行政の弱点も晒されることになり、これが菅政権下でデジタル庁の創設や脱ハンコ社会への取り組みにつながっている。

ニュース トップ

日足一目均衡表の雲を抜けた矢先にあるほか、中期的にも13週・26週移動平均線のゴールデンクロスが目前に迫っていることで妙味は大きそうだ。 同社は戦略立案から開発・実行までワンストップ対応を強みとする経営コンサルティング会社で、AIやで実績が高い。

4