税 消費 事業 個人 主

課税事業者は、大きな買物をするなどして多額の消費税を支払い、支払った消費税額が預かった消費税額を上回った場合、払いすぎた分を還付してもらうことができます。 請求することに後ろめたくなる必要はないはずです。

1
税 消費 事業 個人 主

月間500万人が訪問する集客サイト ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など200種以上のカテゴリで集客が可能。

5
税 消費 事業 個人 主

なお、前年の1月1日~6月30日までの6ヵ月の期間のことを、消費税の用語では「特定期間」といいます。 特定期間の課税売上高が1,000万円を超えるかどうかの判定については、課税売上高に代えて、特定期間中に支払った給与等の金額により判定することもできますので、特定期間の課税売上高が1,000万円を超えていても、給与等支払額が1,000万円を超えていなければ、給与等支払額により免税事業者と判定することができます。 消費税の特徴の1つは「負担者と納付者が違う」という点です。

17
税 消費 事業 個人 主

標準税率と軽減税率、どちらが適用されているのか区分するため、 2019年10月から従来の請求書に軽減税率の対象品目と税率ごとに区分して合計した対価の額を記載した「区分記載請求書」が導入されました。 この例の場合は、消費税を「簡易課税制度を適用したほうが、14万円節税できた」という結果になります。

18
税 消費 事業 個人 主

高額な機械設備や建物などの不動産を購入した場合 高額な機械設備や建物などの不動産を購入した場合、会計上は減価償却で数年にわたって費用計上することとなります。 取引先から受け取った消費税を売上とみなしてよいのです。

税 消費 事業 個人 主

共済契約を解約した場合は、解約手当金を受け取れます。 まとめ 個人事業主としてビジネスを始める以上、消費税を納付する義務や、消費税を計算することは毎年必要なことです。 なお、一度課税事業者を選択した場合は、一定期間は免税事業者に戻ることはできません。

6