ぅ å¤ĸčĻ‹ã‚‹

å¤ĸぎ中ãĢæ™‚č¨ˆãŒå‡ēãĻきたとしぞしょう。

17
ぅ å¤ĸčĻ‹ã‚‹

å¤ĸã‚’æ„č­˜įš„ãĢã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢすることはé›Ŗしい äēē間は様々ãĒæŽĩ階でå¤ĸをčĻ‹ã‚‹äē‹ã¯įžåœ¨åˆ†ã‹ãŖãĻã„ãžã™ãŒã€ãã‚Œã‚‰ã‚’æ„č­˜įš„ãĢã‚ŗãƒŗトロãƒŧãƒĢしできるかおうかはįžæŽĩ階では、はãŖきりと分かãŖãĻおりぞせん。

ぅ å¤ĸčĻ‹ã‚‹

しかし、それらから垗た æƒ…å ąã‚’æ•´į†ãƒģå‡Ļį†ã™ã‚‹æ™‚é–“ã‚’č¨­ã‘ãŸã‚Šã§ããĻおりぞせん。

4
ぅ å¤ĸčĻ‹ã‚‹

å¤ĸをčĻšãˆãĻいãĒã„ã¨č¨€ã†äēēãŸãĄã¯ã€å¤ĸをčĻ‹ãĒいもぎだとæąēめäģ˜ã‘ãĻã„ã‚‹ã‚ąãƒŧ゚が多いです。 それãĢ加え、æ‚Ēå¤ĸ障åŽŗぎæ˛ģį™‚ãĒおãĢもäŊŋえるぎではãĒいかとåŋœį”¨ãŒčĻ‹čžŧぞれãĻいぞす。 å¤ĸぎ内厚をきãŖかけãĢ、įžåŽŸä¸–į•ŒãĢč‰¯ã„åŊąéŸŋも与えられるかもしれぞせんよīŧ 感受性がåŧˇã„ 過åŽģぎつらいįĩŒé¨“ã‚„æ‚˛ã—ã„č¨˜æ†ļぎå¤ĸをčĻ‹ã‚‹ãŽã§ã‚れば、感受性がåŧˇã„ぎかもしれぞせん。

12
ぅ å¤ĸčĻ‹ã‚‹

æˆé•ˇé€”ä¸ŠãŽäŊ“は166ã‚ģãƒŗチ、72キロ。 į›˛į›ŽãŽäēēがãŋるå¤ĸ 1999åš´ãĢハãƒŧトフりãƒŧド大å­Ļぎį ”įŠļč€…ãŸãĄãŒ15äēēぎį›˛į›ŽãŽäēēがčĻ‹ãŸåˆč¨ˆ372回分ぎå¤ĸをį ”äŋŽã—ぞした。

11
ぅ å¤ĸčĻ‹ã‚‹

小å­Ļ5嚴でį›¸æ’˛ãĢ興å‘ŗã‚’æŒãĄã€ä¸­å­ĻでäŊ•åēĻか大äŧšãĢもå‡ēたが「ãģとんおį´ äēē」。

ぅ å¤ĸčĻ‹ã‚‹

こぎįĩæžœã‹ã‚‰ã€ãŽįĸēįĢ‹ã™ã‚‹éĢ˜æ Ąį”ŸäģĨ上ぎ嚴äģŖでは、æ—Ĩ常ぎ原äŊ“験を元ãĢよりæ—Ĩ常ãĢčŋ‘い内厚でå¤ĸが構成されãĻいるといえる。 これらį ”įŠļから、「ãƒŦムįĄįœ ã€ã¨ã€ŒãƒŽãƒŗãƒŦムįĄįœ ã€ãŽä¸Ąæ–šã§å¤ĸをčĻ‹ãĻいるとäŧãˆã‚‰ã‚ŒãĻいぞす。

12