ライター ゴースト タイム パラドックス

ネットでの反響 連載開始直後からのある展開や自分に甘く、自己保身と自己肯定ばかりする(ようにしか見えない)、思いついたかのような前後のつながりがい唐突な描写などが特に摘されており、連載が進むたびに問題点が膨らみ続けていた。 しかしロボットの使命は何としても藍野を守ることでした。 だが、共感しないで客観的に見てた方がうけるから面白い。

16
ライター ゴースト タイム パラドックス

これは佐々木君が自ら空っぽであることや作家性やメッセージが必要なのかと悩んでいた答えとして、「透明な傑作」は相応しくなかったということでしょう。 。

ライター ゴースト タイム パラドックス

ずっと全人類が楽しめる漫画を描く事を夢見ていた。 疲れたので今回はここまでで終わらせていただきます。 いや、『タイパク』は盗作サスペンス漫画ではなかったので関係ないですね……。

9
ライター ゴースト タイム パラドックス

せめて都合よくこの現状を解釈して罪悪感を軽減させようとしたくらいが限界です。 一方で、そんな藍野伊月に佐々木君は「あれは全人類が楽しめる漫画ではない」ではなく、誰からも愛せる漫画を作ることはできないと言います。

17
ライター ゴースト タイム パラドックス

この辺りの感覚もどこかイかれてるよなぁとしか思わなかったり。

ライター ゴースト タイム パラドックス

つまり、タイパラを読むときには自らの感情をフラットにした上で的確にノイズを削ぎ落としてストーリーの本質を掴まなければならない。 最高に薄っぺらい台詞だけで物語が終わっていく。

14
ライター ゴースト タイム パラドックス

関連タグ 関連リンク 関連記事 親記事. 詳細はでご確認ください。 今更語ることでもないけどタイムパラドクス(タイパラ、タパゴラ、TPGW、タイパク、パクラー、パクマン、パク八、パク平、八゜ワー天狗)完結編について書きました 『タイムパラドクス』番外編が思いのほか良かった — ササンチ pluMegane. 後ほど分かりますが、この継続は「(フューチャー君が)このを継続するか否か」、鏡文字は「佐々木君を見つめる存在(つまりフューチャー君)がいること」を示していると考えられます。

4
ライター ゴースト タイム パラドックス

佐々木君は地元に帰って漫画を描き続けることで読切掲載までに至り、その作品は藍野伊月のスランプを克服するきっかけとなります。 「ホワイトナイト」がどういう凄い物語だったのかも1ミリも伝わりませんでしたし、当然佐々木が描いたという最後の漫画についても無いも分からず。 そのおかげであのエピソードの意味がさっぱり訳がわからないものになっていて、本当に無駄でしかありません。

ライター ゴースト タイム パラドックス

哲平はそれに掲載されていた新連載「ホワイトナイト」に感銘を受けるが、未来ジャンプを家具の隙間に落としてしまった事で全て夢だったと勘違いしてしまう。 各話の展開について、後から振り返った時にその真の意味を知ることになる。

10