新型 208 プジョー

GT Lineはアルミペダル (写真では養成シールが貼られたままになってます) Allureは装飾なしです 私の愛車508SWは、このブレーキのピーキーさ加減を良い感じに解消してくれていたので少し期待していたんですが、コントローラブルであるとはちょっと言えない感じですねえ。 新型e-208ではその他、バッテリーの8年、16万キロの長期保証も提供され、電気自動車が選択しやすくなっています。 航続距離:340km(WLTPモード値)• 後席居住性を重視するなら、ポロやA1と言った選択肢が良いかと思いますが、個人的にはBセグメントクラスはこれくらい割り切った方がいいかなとも思ってます。

9
新型 208 プジョー

最初は戸惑うかもしれないんですが、見下ろす様な車体感覚は運転していく内に自然と身体になじんでいく不思議なステアフィール。 リアデザインも新型508と似たデザインになっていて3本爪のテールランプが両端に見える 新型208のリアデザインは、508のようにファストバックスタイルではなく、ハッチが切り立ったハッチバックスタイルになっています。

13
新型 208 プジョー

低重心ボディーとコンパクトな塊感で街中は快適に走る事が出来ました。 シャープなデザインが採用されドアトリム上部にはソフトパッドが使用されクラスとしての質感は充分です! デザインとホールド性を両立 国産車では味わえないデザインセンスの塊!! GT Line専用装備のアルカンターラ&テップレザーシート再び! サイドサポートの高さとシート表皮の柔らかな風合いはデザインとさホールド性を両立。

9
新型 208 プジョー

裏側はこうなっている。 高速直進性も高く、強めの横風を受けても安定しており、コンパクトカーではよくある、頼りなさは感じない。

18
新型 208 プジョー

またヘッドライトはGTラインの場合サーベルライトから続く同じモチーフがヘッドライト内にも展開されているのに対し、アリュールにはそれがないことなど。 新型208 GT Lineはミシュラン「プライマシー4」を装着。 《島崎七生人》. というか硬質感は悪い点とは全く捉えていなくて、同じCMPを採用しているDS3クロスバックとここまで違う表現ができてしまうかと感心してしまった部分であります。

13
新型 208 プジョー

Bセグ最高のバランス というのも冒頭の女房の言葉通り、このクルマ相当に速いしクイックなステアリングやターンインの際のシャープというよりも正確なステアフィールなど、17インチのGTラインと比較してもほとんど劣るところがないところに加えて、路面コンタクトが優しく乗り心地が優れているのである。 唯一、そして最大の欠点ともいえるのが安全運転支援システムだ。 ヘッドライトやテールランプは「3つの爪」をイメージしており、フロントマスクにはシングルフレームグリルを採用しています。

20
新型 208 プジョー

具体的には手前の一層目には主に重要かつ安全に関する情報、二層目にはそれらに準ずる情報が表示される。 しかし、208の場合はそれがかなり細かいようで、逆に気づいてしまう様相を呈していた。 ただ、ACCは渋滞追従にも対応しており、ACCを使って自動停止した場合には、ブレーキを踏んでいなくてもホールド状態になっててくれます。

11