例文 送辞

ほんとにありがとう。 送辞は「1分~2分」ほどに収めるのが良いとされています。

例文 送辞

どちらの進路を選んだ卒業生も、気持ちよく送り出せる内容にしましょう。 分かりやすい言葉で、簡潔に文章をまとめましょう。 部活動や、一人の先輩に対しての想いを述べるのはNGです。

例文 送辞

・学校、恩師に対するお礼の言葉。 たった一つ上の先輩方の背中がどんなに大きく見えたことでしょう。

4
例文 送辞

ですから 時候の挨拶は、その年の気候や季節の特徴をとらえた文章に変えることを、オススメします。

例文 送辞

外の天候に関係なく使うことのできる例文です。 先輩方から教えていただいたことを心に留めて、しっかりと受け継いでいきます。 企画は夏休みから始まりました。

9
例文 送辞

文章を考える時のポイント 送辞は在校生を代表して卒業生に贈る言葉なわけですから、しっかりした内容のものにしたいですね。 〇〇月の文化祭で、卒業生の皆さんの〇〇は、私たちに大きな感動を与えてくれました。

12
例文 送辞

また、個々の項目の名称も、各学校により異なることがあります。 不安でいっぱいだった一年生の春、同じシャトルで登校した先輩がシャトルを降りてから教室まで、ずっと一緒に歩いてくださいました。

6
例文 送辞

しかし、少しずつでも前に進む忍耐力と、心の支えとなる戦友を得た私たちは、必ず乗り越えていくことでしょう。 オススメは、 学校にある自然のもの・制服などを取り入れる。 下校時にも先輩方の教室にはいつも明かりが灯っており、熱心に学業に励む姿が印象的でした。

9