G512 ロジクール

発売日(予定):2018年5月24日• そしてそのため見逃されがちなのだが,キーボードの防滑性という観点では,本体付属の滑り止めだけでなく,スタンドに付属した滑り止めにも目を向ける必要がある。 x・7• USBの先端が二股に別れているのは、キーボード側面にUSBバススルー機能を備えているためです。 GLリニア:赤軸相当• 製品名(英語):Logicool R G512 Carbon RGB Mechanical Gaming Keyboard Linear• そのため,メッシュの太いケーブルは先端が2つに枝分かれしている。

5
G512 ロジクール

ロジクールは、同社製ゲーミングキーボード「G512」シリーズのラインアップにキースイッチを変更したバリエーションモデルを追加した。 とはいえ、モニターの色に合わせてライトが変化するモードの他に、パソコンから出る音に合わせてライトが変化するオーディオビジュアライザーモードがあるので、後者のモードでEDMやトランスなどのエレクトロミュージックを流せば、よりエレクトロな感覚に浸れるかもしれません。 ロールオーバー数は26,Anti-Ghosting(アンチゴースト)対応となるため,事実上の全キー同士押し対応という仕様もG413から変わっていない。

17
G512 ロジクール

というのも,で最もミスの少なかったG810との間に打鍵感の違いを感じなかったからだ。

G512 ロジクール

熱心なゲーマーなら、きっと「ゲームに熱中しすぎて、気がついたら夜になっていた」という経験があるはず。 キーストローク(接点):1. 本体底面。 今後発売される製品にも対応しています。

20
G512 ロジクール

GLタクタイル• 純粋に競技用途でG512を選ぶなら,で優秀な結果を残したRomer-G Linear搭載のG512-LNがベストである。 すでに主要なブランドのゲーマー向けキーボードを持っていて,それに愛着を感じているユーザーからすると,特別と感じる要素は少ないだろう。 サポートを受けたいのですが。

G512 ロジクール

その場合,[Space]キーの短い日本語配列を使うにあたってホームポジションを調整しなければならない可能性がある。 逆に青軸の様なしっかりとした押し心地とカチッという音が恋しい方は苦手かもしれません。

14
G512 ロジクール

GLタクタイル• 左から順に青,紫,桃,赤,橙,黄,緑,水,白だが,やはりLEDの場所の都合か,色にはややムラが出ている。 重量(ケーブル除く):1,150g• ただ,これはキーの底打ちを前提とした話だ。 5 mm 押下圧(g)• Overwolfはタイトルごとに専用の機能を追加して使っていくタイプのアプリケーションなので,興味のある人はいろいろ検索してみるといいだろう USBスルーポート。

9
G512 ロジクール

5mm• USB ワイヤード• キーピッチ:1. Overwolfは,スクリーンショット取得やゲーム録画といった機能を持ち,ボイスチャットツールの通話状況をオーバーレイ表示させることもできる外部ツールなのだが,筆者はこうした外部ツールをゲームに紐付けする機能に対してあまり良い印象を持てない。 裏面には、縦とUの字にスリットが入っておりUSBポートにマウスなどを繋いだときに通す溝みたいです。 非常に重量感(1,150g)があり安定しています。

18
G512 ロジクール

ただ,アルミ合金製の天板は筐体から少しはみ出しており,しかもこの端はプラスチック製筐体にない鋭さを持つ。 5mmと浅めの設計です。 以下3種類より選択可• しかし,クリック感のないキースイッチを選ぶことに抵抗がなく,わずかでも高性能なキーボードを求めるコアなゲーマーであればあるほど,G512は本質的な魅力を持った製品に見えるはずだ。