戦 話 20 廻 呪術

しかし、たった4人の特級呪術師である乙骨憂太について描かれており、その内容は1巻以降のストーリーにも少しだけ関わってきます。 虎杖は呪いに「逕庭拳」をかましていく。

20
戦 話 20 廻 呪術

七海が呪いに止めを刺そうとすると、呪いが腕時計をしていることに気づく。

戦 話 20 廻 呪術

虎杖らが共通の知人の家に来ると葬式が行われていた。 呪術廻戦20話のネタバレ 逕庭拳 七海が「私の術式はどんな相手にも強制的に弱点を作り出すことができます」「7:3」「対象の長さを線分した時、この比率の点に攻撃を当てることができればクリティカルヒット」「私より格上の者にもそれなりのダメージを与えることができますし、呪力の弱い者であればこのナマクラでも両断できます」「聞いてますか、虎杖君」と説明すると、虎杖は「あっ!!俺に言ってたの!?」「そういうのってバラしていいもんなの?」と呪いとの戦いに集中しながら話を聞かないといけないので戸惑っていた。

戦 話 20 廻 呪術

順平が「天災とか?」と言うと、真人は「君との会話はストレスがなくて助かるよ」「大地を、森を、海を、人々は恐れ続けてきた」「それらに向けられた呪力は大き過ぎるが故に形を得る前に知恵をつけ、今まで息を潜めていたんだ」と伝える。

19
戦 話 20 廻 呪術

どちゃどちゃどちゃくそ面白いから。 真人は受肉した九相図に「やぁ、起き抜けに申し訳ないんだけどさ、ちょっとお遣い行ってきてくんない?」と言う。 原作の絵も好きなんだけど、内容が中二心をくすぐられてしまう。

戦 話 20 廻 呪術

順平が「共通認識のある畏怖のイメージ、有名な妖怪や怪談ってことですか?」と聞くと、真人は「そっ、トイレの花子さんとか九尾の妖狐とか色々」「呪術師はそれらを特級仮想怨霊として登録し警戒してる」「正体不明の強力な呪いもとりあえず仮想怨霊としてカテゴライズする辺り、それしか見えてないって感じだよね」「でも人々が常に恐れているのはそんなお伽話じゃないだろう?」と返す。 七海が家入との電話を切ると、虎杖は「どっちもさ、俺にとっては同じ重さの他人の死だ」「それでもこれは、趣味が悪すぎだろ」とブチギレていく。 虎杖が黒閃を決め、東堂との連携プレーで攻め立てていく中、さらに自身の術式を解禁する東堂。