æ­ŒčŠž æĄœå‚

äŊœãŖたäēēだからこそ、čžŧめられる思いがある。

12
æ­ŒčŠž æĄœå‚

ただįĻåąąã•ã‚“がすãĻきãĒだけだãŖたら、8åš´įĩŒãŖたäģŠã‚‚čĒžã‚Šįļ™ãŒã‚Œã‚‹åæ›˛ãĢはãĒらãĒかãŖたと思いぞす。

15
æ­ŒčŠž æĄœå‚

å„Ēしい歌い斚でついåŋ˜ã‚ŒãĻã—ãžã„ãã†ã§ã™ãŒã€åŽŸã¯æ‚˛ã—ã„įĩæœĢを歌ãŖたナブã‚Ŋãƒŗグ。 そんãĒわけで、冒頭ぎようãĒč§Ŗ釈とį›¸æˆãŖたæŦĄįŦŦ。 こぎå­Ŗį¯€ãĢãĒると、わたしも数嚴前ãĢåˆĨれたį‰‡æ€ã„ぎäēēを思いå‡ēしãĻã€ã€ŒæĄœå‚ã€ã‚’čžããŸããĒりぞす。

æ­ŒčŠž æĄœå‚

åŖ˛ã‚ŒãĒいãĒ」と思ãŖたそうです。 君よずãŖと嚸せãĢ éĸ¨ãĢそãŖと歌うよ Woo Yeah 愛はäģŠã‚‚ 愛ぎぞぞで æēれる木æŧã‚Œæ—Ĩ č–Ģã‚‹æĄœå‚ æ‚˛ã—ãŋãĢäŧŧた 薄į´…色 君がいた 恋をしãĻいた 君じゃãĒãã‚ƒãƒ€ãƒĄãĒぎãĢ ã˛ã¨ã¤ãĢãĒれず 愛とįŸĨãŖãĻいたぎãĢ æ˜ĨはやãŖãĻくるぎãĢ Woo Yeah å¤ĸはäģŠã‚‚ å¤ĸぎぞぞで é ŦãĢããĄãĨけ æŸ“ãžã‚‹æĄœå‚ æŠąãã—ã‚ãŸã„æ°—æŒãĄã§ いãŖãąã„ã ãŖた ã“ãŽčĄ—ã§ ずãŖとãĩたりで į„Ąé‚Ē気すぎたį´„束 æļ™ãĢ変わる 愛とįŸĨãŖãĻいたぎãĢ čŠąã¯ããŖã¨å’˛ããŽãĢ Woo Yeah 君はäģŠã‚‚ 君ぎぞぞで é€ĸえãĒいけお å­Ŗį¯€ã¯å¤‰ã‚ã‚‹ã‘お 愛しきäēē 君だけが わかãŖãĻくれた 憧れをčŋŊいかけãĻ 僕はį”Ÿãã‚‹ã‚ˆ 愛とįŸĨãŖãĻいたぎãĢ æ˜ĨはやãŖãĻくるぎãĢ Woo Yeah å¤ĸはäģŠã‚‚ å¤ĸぎぞぞで 君よずãŖと嚸せãĢ éĸ¨ãĢそãŖと歌うよ Woo Yeah 愛はäģŠã‚‚ 愛ぎぞぞで Powered by ã“ãŽæ›˛ã‚’čŗŧå…Ĩする. ã€ŒæĄœå‚ã€ã‚’č´ããĒがら、そんãĒ 「į¯€į›ŽãŽå­Ŗį¯€ã€ã‚’å ĒčƒŊするぎもã‚ĒツãĒもぎですよ。

14
æ­ŒčŠž æĄœå‚

「君よ ずãŖと嚸せãĢ」 äģŠã‚‚そぎäēēをæƒŗいãĒがら、そんãĒã“ã¨ã‚’éĄ˜ãŖãĻいぞす。 ã‚šãƒŧパãƒŧドナイ ã‚ãŽåæ›˛ã‚’čƒŒč˛ ãŖãĻã‚šãƒŧパãƒŧãƒ‰ãƒŠã‚¤ãŽãƒ‘ãƒƒã‚ąãƒŧジが様変わりしぞした。

æ­ŒčŠž æĄœå‚

ã“ãŽæ›˛ãŒåŽŒæˆã—ãŸæ™‚ã€įĻåąąã•ã‚“č‡ĒčēĢは、「地å‘ŗãĒæ›˛ã ãĒ。 ã“ãŽæ›˛ã¯äģĨ前 「ã‚Ļãƒŗナãƒŗぎホãƒŗトã‚ŗ! æ›˛ãŖãĻ、äŊœãŖたäēēと歌うäēēが違う場合、åŋ…ãšæ°—æŒãĄãĢずれがį”Ÿã˜ãĻしぞうもぎだと思うぎですよ。

æ­ŒčŠž æĄœå‚

そんãĒã€ŒæĄœå‚ã€ã§ã™ãŒã€æ›˛åãŽãƒĸデãƒĢãŽã˛ã¨ã¤ã¨ãĒãŖãŸæąäēŦéƒŊ大į”°åŒēãĢã‚ã‚‹æĄœå‚ãŒæŗ¨į›Žã•ã‚Œã€į™ēåŖ˛åŊ“時は多くぎã‚ĢップãƒĢがč¨Ēれるデãƒŧト゚ポットとしãĻäēē気を博しぞした。 ã“ã‚ŒãŒã€č´ã„ãĻいるäēēをより切ãĒくさせãĻいぞす。

11
æ­ŒčŠž æĄœå‚

と嘆いãĻいるぎです。 君よずãŖと嚸せãĢ éĸ¨ãĢそãŖと歌うよ 愛はäģŠã‚‚ 愛ぎぞぞで æēれる木æŧã‚Œæ—Ĩ č–Ģã‚‹æĄœå‚ æ‚˛ã—ãŋãĢäŧŧた 薄į´…色 君がいた 恋をしãĻいた 君じゃãĒãã‚ƒãƒ€ãƒĄãĒぎãĢ ã˛ã¨ã¤ãĢãĒれず 愛とįŸĨãŖãĻいたぎãĢ æ˜ĨはやãŖãĻくるぎãĢ å¤ĸはäģŠã‚‚ å¤ĸぎぞぞで é ŦãĢããĄãĨけ æŸ“ãžã‚‹æĄœå‚ æŠąãã—ã‚ãŸã„æ°—æŒãĄã§ã„ãŖãąã„ã ãŖた ã“ãŽčĄ—ã§ ずãŖとãĩたりで į„Ąé‚Ē気すぎたį´„束 æļ™ãĢ変わる 愛とįŸĨãŖãĻいたぎãĢ čŠąã¯ããŖã¨å’˛ããŽãĢ 君はäģŠã‚‚ 君ぎぞぞで é€ĸえãĒいけお å­Ŗį¯€ã¯å¤‰ã‚ã‚‹ã‘お 愛しきäēē 君だけが わかãŖãĻくれた 憧れをčŋŊいかけãĻ 僕はį”Ÿãã‚‹ã‚ˆ 愛とįŸĨãŖãĻいたぎãĢ æ˜ĨはやãŖãĻくるぎãĢ å¤ĸはäģŠã‚‚ å¤ĸぎぞぞで 君よずãŖと嚸せãĢ éĸ¨ãĢそãŖと歌うよ 愛はäģŠã‚‚ 愛ぎぞぞで. もうį›´ãč¯ã‚„かãĒことがčĩˇããã†ãĒぎãĢ、į§ãŽå¤ĸはぞだぞだå¤ĸぎようです。 君よずãŖと嚸せãĢ éĸ¨ãĢそãŖと歌うよ 愛はäģŠã‚‚ 愛ぎぞぞで æēれる木æŧã‚Œæ—Ĩ č–Ģã‚‹æĄœå‚ æ‚˛ã—ãŋãĢäŧŧた 薄į´…色 君がいた 恋をしãĻいた 君じゃãĒãã‚ƒãƒ€ãƒĄãĒぎãĢ ã˛ã¨ã¤ãĢãĒれず 愛とįŸĨãŖãĻいたぎãĢ æ˜ĨはやãŖãĻくるぎãĢ å¤ĸはäģŠã‚‚ å¤ĸぎぞぞで é ŦãĢããĄãĨけ æŸ“ãžã‚‹æĄœå‚ æŠąãã—ã‚ãŸã„æ°—æŒãĄã§ã„ãŖãąã„ã ãŖた ã“ãŽčĄ—ã§ ずãŖとãĩたりで į„Ąé‚Ē気すぎたį´„束 æļ™ãĢ変わる 愛とįŸĨãŖãĻいたぎãĢ čŠąã¯ããŖã¨å’˛ããŽãĢ 君はäģŠã‚‚ 君ぎぞぞで é€ĸえãĒいけお å­Ŗį¯€ã¯å¤‰ã‚ã‚‹ã‘お 愛しきäēē 君だけが わかãŖãĻくれた 憧れをčŋŊいかけãĻ 僕はį”Ÿãã‚‹ã‚ˆ 愛とįŸĨãŖãĻいたぎãĢ æ˜ĨはやãŖãĻくるぎãĢ å¤ĸはäģŠã‚‚ å¤ĸぎぞぞで 君よずãŖと嚸せãĢ éĸ¨ãĢそãŖと歌うよ 愛はäģŠã‚‚ 愛ぎぞぞで. ホãƒŗãƒˆã€čž›ã™ãŽãžã™â€Ļ。

17