137 進撃

あと2話……………. 破られた扉から侵入する巨人を迎撃するべく、トロスト区の駐屯兵団と104期訓練兵団の卒業生が合同で巨人討伐を開始する。 諫山創「進撃の巨人」137話より引用 「俺は…ずっとキャッチボールしてるだけでよかったよ」 するとその時、彼らの周囲に人が集まってきました。 スラバ講和締結時の残存戦力は約800人だった。

19
137 進撃

生命は「増える」ためだけに生きるんじゃない!意味がなくても、大切なものがあるとアルミンはジークに力強く訴える。

7
137 進撃

優先するのは、恐らくアルミンとピークの救出。 人類の生存を守る壁を「三つの女神」と崇めて神格化する教義を持ち、神職者および信者は3層の壁の紋章が付いたネックレスを首にかけている。 後に銃を連射タイプに換え、対巨人用のものと同様の腰ボンベと剣を選択装備可能な新型も開発され、マーレ潜入時にミカサらが使用した。

14
137 進撃

超大型巨人の出現まで15メートルが最大とされていた。

2
137 進撃

また、死んだ巨人の肉体は気化するように朽ちて消滅していく。

137 進撃

登録無料でマンガ1冊まるごと無料 【前回のあらすじ】 アニたちと合流したリヴァイたちはエレンの上に再度降下しましたが、多数の巨人が無尽蔵にわきだしてくるため、状況は最悪です・・・ 一方、アルミンは巨大な光る大樹がはえた、精神世界でジークと話をしていました。 進撃の巨人137話ネタバレ考察 感想・予想ネタバレツイート 以下が進撃の巨人136話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。

13
137 進撃

137話において、始祖ユミルがジークではなくエレンを選んだのは、「始祖ユミルの目的」を理解できていたからでした。 ベルトルトとユミルによれば不可逆的に巨人化している間の記憶はないが、終わらない長い悪夢を見ているような状態とのこと。 また、壁の調査やを開発して空を飛ぶ行為、銃火器の新開発は王政とその意を汲む中央第一憲兵団により厳しく制限され統制されている。

12
137 進撃

救世主であり、巨大な敵と戦っていいんだと教えてくれた存在がミカサです。

3
137 進撃

外壁に硬質化で作成した檻の中に巨人をおびき寄せ、滑車とチェーンを使い吊り下げたこれまた硬質化で作成した大質量の槌を頭上より投下し、うなじごと潰して駆逐する仕組み。

12