容 先崎 彰

東日本国際大准教授・先崎彰容 昭和45年7月7日、サンケイ新聞(当時)夕刊に、ある記事が掲載された。 すると、口にするのは『意見』ではなく、単なる感情的な好悪にすぎなくなる。

15
容 先崎 彰

こういう時こそ、「私たちはどのような人間関係をつくるべきか」、「自分は、独善に陥っているのではないか」といった問いに戻る必要があると思います。 【目次】(「BOOK」データベースより) Tokyo,Haneda,August 19,2019/旧グランドホテル前にて/開国とはなにか/即ち日本士人の脳は白紙の如し/一七年ぶりの再会/分断社会/ジョージタウン大学での講義/講演会の日/Pearl Harbor,December 7,1941/私の保守主義観/カリフォルニア・ゼファー/最後のサンフランシスコ 【著者情報】(「BOOK」データベースより) 先崎彰容(センザキアキナカ) 1975年東京都生まれ。

容 先崎 彰

2018年に自身の病気と離職の体験を綴った『知性は死なない』が話題となる。

10
容 先崎 彰

当時はマルクス主義による国家批判が大きな力をもっていましたが、吉本はまったく異なるアプローチから国家の本質に迫りました。 主な著書に『違和感の正体』(新潮新書)、『ナショナリズムの復権』(ちくま新書)。 東北大学大学院博士課程を修了、フランス社会科学高等研究院に留学。

容 先崎 彰

病気の前の私なら、佐伯さんと東さんの議論では明白に前者についたと思います。 そうした「多忙な時代」の忙しい心を脇に置き、もっと原理的・本質的な問いを立てる「勇気」が必要なのです。 2019年6月現在、日本大学危機管理学部教授。

7
容 先崎 彰

具体的には法治主義の徹底であり、経済における自由主義の導入、そして鹿鳴館に代表される文明化であった。

20