レバー マイクラ

リピーターでグルグルまわすクロック回路 右向きのリピーターと左向きのリピーターを使い、信号がグルグル回るように作ります。 棒と余りがちなレッドストーンからクラフトできるので、作成の難易度は難しくありません。 隠すためのブロックを設置する際に、レッドストーン回路を遮ってしまうことがあるので、回路を作動させたまま作業をすることをおすすめします。

16
レバー マイクラ

音符ブロックであれば音を鳴らし、TNTであれば爆発します。 (一瞬だけ信号を送るパルサー回路を用いると便利です。 NAND(ナンド)回路 完成図 AND回路とNOT回路を組み合わせた回路です。

17
レバー マイクラ

信号を送り続けなければいけません。 ぜひあなたのワールドにも取り入れてみてください。 ある程度の自動化も可能です。

16
レバー マイクラ

コンパレーターの背面側で回路を枝分かれさせ、一方はコンパレーターの背面へ、もう一方はコンパレーターの横につなげられたリピーターへ接続。 XNOR(エックスノア)回路 完成図 XOR回路でのレッドストーン信号を反転させた回路です。 例えば1クリックは2遅延で、最高は3クリックの4遅延です。

レバー マイクラ

レバーが設置されたのがガラスなどの透過ブロックだった場合は、動力源となるのはレバー自身だけです(上画像の右上)。

10
レバー マイクラ

今後、レッドストーン回路を使った応用編をご紹介する予定です。 コレが本当に厄介。 注意点は3つ。

19
レバー マイクラ

どちらのトーチもOFFになったとき、先端のトーチがONになり信号が送られます。 もう一回オブザーバーからの信号をピストンに与えると、ブロックを戻すことができます。

6