コラ 蓮

病院での治療は、いわゆる精神療法が基本です。 感染症を連想させたり、毒のある動物の特徴である 「ぶつぶつ」を見て不快になるのは、 「それを見るな!(そこから逃げろ!)」 と本能が命じているサインということです。

5
コラ 蓮

1791RT• そして、その前部分に 恐怖の対象を、ギリシア語などであらわす事が、精神医学で具体的な恐怖症をあらわす際の一般的な言い方です。

16
コラ 蓮

大量かつサイズが揃ってることがポイントでしょうか。 関連動画 を作ってしまう恐れがあるので、直接は貼り付けない。

7
コラ 蓮

(鮮明な単独写真はページ下部の方にまとめました。 火付け役となったのは 蓮の種を使った「蓮コラ」と呼ばれる画像ですが その前にまずは本物の蓮の実をご紹介しておきます。

17
コラ 蓮

ちなみにでは、イタ半分で蓮コラ画像をで送りつけた輩がされるまでに至っている。 2005年にアイルランドの女性が、ギリシャ語の 「穴あけ(trypo)」と英語の 「恐怖症(phobia)」を組み合わせて 『トライポフォビア(trypophobia)』 という造語の名前をつけたところ、あっという間に世界に広まりました。 ミニトマトは丸ごと、大玉だと中のゼリー部分が嫌われがちなので、この写真自体に刺激は少なそうです。

17
コラ 蓮

今回は恐怖の対象が、小さな穴の集合体やブツブツなどの、いわゆる「トライポフォビア」を詳しく解説します。

コラ 蓮

トライポフォビアでないグループでは「病気に関連した画像」に対し恐怖感2点、嫌悪感3. 以下、検証を兼ねて自然界で トライポフォビアの対象と言われがちなものを要素の薄い順に並べてみました。 指先にヤツメウナギのくちをコラージュしたものなど、多数のバリエーションが作られた。 Geoff Cole,Arnold Wilkins しかしこの 蓮の実を見る限り、穴は空いてるものの規則的パターンではないし、感染症への警戒感と機械的なパンチ穴が同じ症例に分類されるのは少々不自然な気もします。

15
コラ 蓮

大部分のひとにとっては何でもないはずですが、一部のひとは、程度の差はあるものの、不快感や嫌悪感を覚えるようです。

10