ご苦労 です お勤め 様

相手を労うという意味を考えれば、目下の人が目上の人に対して「お疲れ様です」と言うのは不自然ですが、適当な挨拶言葉としてこれ以上の言葉は見つかりません。 「本日もお疲れさまって言われるけど別に疲れるほど働いてね~!むしろ疲れるほど働きたくね~から!」 てな感じで僕はお疲れ様という言葉やご苦労様という言葉は、 もはや時代測後の何物でもない!とこの場を借りて声を大きくして言いたい! お疲れ様お疲れ様と言われると本当に疲れているような錯覚さえ起きてしまうから、本当に辞めてほしんだわ。

15
ご苦労 です お勤め 様

そこで、人や状況によっては「大変勉強になりました」や「お先に失礼いたします」など、言い換えることも大切です。

13
ご苦労 です お勤め 様

警察や役所など一部の公務員では上下関係なく使っているところもある ここまで「お勤めご苦労様です」という言葉は目上の人が部下に対して使う言葉だと説明してきました。 時代劇の影響で広まった? 「お疲れ様です」は目上へ、「お勤めご苦労様です」は目下へ、という使い分けが、ここまで広く普及したのには、企業の研修がマニュアル化したこと以外にも理由があります。

6
ご苦労 です お勤め 様

普通に使われる「お勤めご苦労様です」は、仕事や務めを果たしている相手の働きをねぎらう意味があります。

ご苦労 です お勤め 様

A ベストアンサー 「お疲れさま」も「ご苦労さま」も労いのことばです。

2
ご苦労 です お勤め 様

例えば、組織として一つの仕事をする場合、指示する側と指示される側とでは、苦労の度合いが全く異なるわけです。 シーンを考えて使い分けると良いでしょう。 けれども、そんな彼でも仕事が忙しいや趣味に没頭してたなどあれば、パタっと連絡がきません。

10
ご苦労 です お勤め 様

明治初期まではこのような使われ方が多いんだそうです。 「あれ?俺普通に連絡してるけれどなぁ・・・そんなに減った???」ってね。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。

ご苦労 です お勤め 様

そのため、「ご苦労様」は、上から目線のニュアンスがあるため、目上の人に使うと失礼に当たってしまいます。

7
ご苦労 です お勤め 様

僕自身はバリバリのゆとり世代なので高度経済成長期の日本のことはあまり知らないんだけど、この時の日本はまさにイケイケ状態。 これに対して、「疲れ」は誰でも倦怠感を抱くのでその言葉の使用に関して抵抗感はないのではなかろうか。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。