文書 竹内

さらに 超古代文明を示唆するような伝説が、民謡に形を変えて地元に残されていることがわかったのです。 竹内家の祖先は、 東北に伝わっていた様々な伝説や口承を収集し、書き残していたのではないでしょうか。

文書 竹内

ところが、他の聖書は違う。 この他にも、 孔子や孟子、中国の伝説的帝王である伏羲(ふくぎ)なども来日して学んだそうです 富山には伏木港というところがあり、これは伏羲がたどり着いた場所だということです 竹内文書とは 今回は竹内文書に登場する人物を書いてきました 竹内文書には 宇宙の創成から、地球の創造 神々の降臨や、人類の発生・成長 日の丸の成立や菊の紋章の制定なども書かれています 正史とされる古事記や日本書紀には書かれていないことが山ほどあり、無視できないと思われるものも沢山あるのですが・・・ 現在は偽書扱いです(もっとも竹内文書には怪しい部分は多々あるとは思いますが) しかし、古事記や日本書紀は調べれば調べるほど、時の権力者によって書き換えられている形跡が見られます。

13
文書 竹内

さらに、文字もなければ記録もない。 海を割ってエジプト人に奴隷として使われていたヘブライ人を助けた(約束の地カナンに連れて行った)というストーリーは有名ですよね またこちらも有名な「十戒」も、彼がシナイ山で神から授かったものだと聖書にはあります。

14
文書 竹内

長寿伝説の秘密には、独自の月読暦、数々の行法、ひとりではなく称号として受け継がれてきたという驚きの仕組みがあり、審神 (さにわ) することが最大の仕事であること。 竹内文書の紹介〜まとめ〜 さて、今回は竹内文書について書かせて貰いましたが如何でしたか? 僕もまだまだ勉強が足りないので分からないこともまだ沢山あるんですが、調べれば調べる程たくさんの謎が出てくる竹内文書はとても興味深いと思います。 それが、「ホツマツタエ」という歴史書だ。

19
文書 竹内

おそらく紀元後五〇年ごろの話だ。 日の神を礼拝せよ なんだか日本崇拝が強い内容となっていますよね アヤシイ・・・ 竹内文書的 イエス・キリスト キリストは神倭朝第11代垂仁天皇のときに日本に訪れたそうです キリストは皆さんご存知の通り、ユダに裏切られ十字架にはりつけにされるのですが、竹内文書によればこの際、弟の身代わりによって難を逃れ、血縁ある日本の八戸(現在の青森県)に移住し、118歳まで生きていたそうです。 その後、モーゼは五色人の祖神を祀る皇祖皇太神宮に参拝し、天皇に十戒石などを捧げた。

7
文書 竹内

敬虔なキリスト教から見たら、何やっていると思われるに違いありません。

5
文書 竹内

青竹を素手で僕ち折り、鎧の上から打撃を与えただけで敵が死ぬほどの秘技をあみだした。 (明治26年)、祖父からで「世の中が平和になったときに公開せよ」として譲り受けた宝物・文献を携えて上京。

14