順 åŋ… 書き

1į”ģį›Žã¨3į”ģį›ŽãŽį¸ĻįˇšãŒãƒã‚¤ãƒŗト。 į™žæ§˜įŽ˛į“ ã˛ã‚ƒãã‚ˆã†ã‚Œã„ã‚ã†â€ĸ éŗĨ靊įŋŦéŖ› īŧˆãĄã‚‡ã†ã‹ããã˛īŧ‰â€ĸ こぎäē‹ã¯ã€įĩŒé¨“したäēēでãĒい斚ãĢは、分かãŖãĻもらうぎは、 先ず、į„Ąį†ãŽã‚ˆã†ã§ã™ãŒãƒģãƒģãƒģãƒģ。 書き順テ゚ト! 大きãĒæŧĸ字čĻ‹æœŦã§čĄ¨į¤ēしãĻいるぎで、゚マãƒŧトフりãƒŗやã‚ŋブãƒŦットįĢ¯æœĢからでもデã‚Ŗ゚プãƒŦイ全äŊ“ãĢé›Ŗしいæŧĸå­—ã‚‚čĄ¨į¤ēされると思いぞす。

19
順 åŋ… 書き

文字ぎįˇšãŽå¤ĒさやčˇŗãŗやハネãĒおįĸēčĒå‡ēæĨぞす。

20
順 åŋ… 書き

尋常一様 ã˜ã‚“ã˜ã‚‡ã†ã„ãĄã‚ˆã†â€ĸ 昭和īŧ“īŧ“åš´ãĢ文部įœã¯ã€Žæŧĸ字指導ぎ手åŧ•ãã€ã‚’ をå‡ēしãĻいぞすが、こぎようãĒ斚針を 攚めãĻおå‡ēã—ãã ã•ã‚‹ã‚ˆã†ã€ãŠéĄ˜ã„č‡´ã—ãžã™ã€‚ éŖ›čŠąčŊ葉 īŧˆã˛ã‹ã‚‰ãã‚ˆã†īŧ‰â€ĸ å›ŊčĒžå¯Šč­°äŧšãŒã“うæąēめた、とかはãĒいらしい。 あとは「åŋƒã€ã‚’書くčĻé ˜ã§åˇĻã‹ã‚‰ãĄã‚‡ã‚“ã€ã¯ã­ã€ã¯ã‚‰ã„ã€ãĄã‚‡ã‚“ã€‚

順 åŋ… 書き

「ヒ」ぎ字æēã¯ã€Œæ¯”」 ã˛ã‚‰ãŒãĒやã‚Ģã‚ŋã‚Ģナは、æŧĸ字がベãƒŧ゚とãĒãŖãĻåŊĸ成されぞした。 上記2ã¤ãŽãƒĄãƒĒットで書いたようãĢ、æ­Ŗしい書き順はįžŽã—く抟čƒŊ性ãĢå„ĒれãĻいぞす。 しかし、「ヒ」ãĢついãĻは書き斚が厚ぞãŖãĻいãĒいようです。

17
順 åŋ… 書き

。 凸や凚ãĒんãĻ一į­†æ›¸ãã§æ›¸ã„たりしãĻ。

6
順 åŋ… 書き

兎čĩ°įƒéŖ› īŧˆã¨ãã†ã†ã˛īŧ‰â€ĸ æœŦæ—ĨãŽãƒ–ãƒ­ã‚°ãŽå†…åŽšã€å‚č€ƒãĢãĒãŖたと思われた斚は、 下ぎマãƒŧク、クãƒĒックをしãĻ戴けるとうれしいです。 ということで、より キãƒŦイãĒ字としãĻčĻ‹ã›ã‚‹ãĢはæŦĄãŽã‚ˆã†ãĒ書きかたが 望ぞしいです。