ウォーホル アンディ

彼自身、キャンベルスープにつぃて次のように述べています。 トレードマークの銀髪カツラが有名なアンディウォーホル。 『ウォーホルの芸術-20世紀を映した鏡』 、2010年• 1969年秋創刊。

19
ウォーホル アンディ

美術界の評価は決して高いモノではありませんでしたが、ウォーホルには自分の作品や表現方法に美術史を変えることの出来る可能性と、力がある事は分かっていたようにも思います。 」と言い換え、以後回答を断るようになった。 なぜモチーフにしたかというと、「僕は自分が美しいと思うものを、いつも描いているだけです。

2
ウォーホル アンディ

中でもマリリン・モンローの肖像画がよく知られおり、キャンベルスープ缶と並ぶウォーホルの代名詞になっています。

12
ウォーホル アンディ

2人の兄(ポール、ジョン)がいた。

7
ウォーホル アンディ

1962年、シルクスクリーンを使用するようになる。 ソラナスは退院後もフェミニズムの活動を続けたが、に肺炎により52歳で死去した。 ウォーホルはマリリン・モンローや毛沢東の顔を繰り返した。

ウォーホル アンディ

1987年2月22日に突如他界したウォーホルは、20世紀の最も重要なアーティストの一人として、また世界的に知られたセレブの一人として名を残している。 ブロッテド・ライン しみつきの線 と呼ばれるイラストやドローイングによって、十分な成功を収めた。 ウォーホル実はモチーフにしただけです。