é ­į—› åĻŠåŠĻ

åĻŠåŠĻがäģ•äē‹ã‚’äŧ‘ã‚€į†į”ąã¨ã¯īŧŸ åĻŠå¨ ä¸­ãŽãƒˆãƒŠãƒ–ãƒĢというぎは、マイナãƒŧトナブãƒĢから重į—‡ãĒトナブãƒĢぞで様々です。 č˛§čĄ€ãŽį—‡įŠļīŧˆã‚ãžã„、įĢ‹ãĄãã‚‰ãŋ、吐き気、č€ŗéŗ´ã‚Šį­‰īŧ‰ãŒįžã‚ŒãŸå ´åˆã‚„、åŒģå¸Ģã‹ã‚‰č˛§čĄ€æ°—å‘ŗだからæŗ¨æ„ã™ã‚‹ã‚ˆã†ãĢč¨€ã‚ã‚ŒãŸå ´åˆãĒおは、į„Ąį†ã‚’しãĒいようãĢしぞしょう。 ãŠãĄã‚‰ãĢしãĻもäģŽčĒŦであるため、つわりを抑える斚æŗ•ã¯ã‚ã‹ãŖãĻいぞせん。

15
é ­į—› åĻŠåŠĻ

ã¨ã¯č¨€ãˆã€åĻŠå¨ å‰ã‹ã‚‰į‰‡é ­į—›æŒãĄã ãŖたからこそ、もãŖと旊くãĢしãŖかりと寞å‡ĻしãĻいれば もう少しうぞくåĻŠå¨ ä¸­ãŽé ­į—›ã¨ã‚‚äģ˜ãåˆãˆãŸã‚‚かもしれぞせん。 ãƒģåĻŠå¨ éĢ˜čĄ€åœ§į—‡å€™įž¤ åĻŠå¨ éĢ˜čĄ€åœ§į—‡å€™įž¤ãŽå ´åˆã¯ã€äŊ“重įŽĄį†ã¨éŖŸäē‹å†…厚ぎčĻ‹į›´ã—が重čĻãĢãĒりぞす。

é ­į—› åĻŠåŠĻ

最垌ãĢ åĻŠå¨ ä¸­ã¯äēēį”Ÿã§ä¸€į•Ēčž›ã„é ­į—›ã‚’įĩŒé¨“し、č‡Ē分ぎį‰‡é ­į—›æŒãĄã‚’恨んだもぎですが é ­į—›ãŽį—‡įŠļがčŊãĄį€ã„たäģŠã€åĻŠå¨ å‰ã¨åĻŠå¨ ä¸­ãŽé ­į—›ã‚’攚めãĻ比čŧƒã—ãĻãŋると やはりåĻŠå¨ ä¸­ãŽé ­į—›ã¯åĻŠå¨ å‰ã¨ã¯į•°ãĒるį‰šåˆĨãĒį—›ãŋだãŖたようãĢ感じぞす。

13
é ­į—› åĻŠåŠĻ

かぜ かぜとは、上気道ãĢã‚ĻイãƒĢ゚が感染することでčĩˇã“ã‚‹į—…気を指しぞす。 そぎくらいåĻŠå¨ ä¸­ãĢãŠč…šãŒį—›ã„というぎは、ãƒĒ゚クをäŧ´ãŖãĻいるį—‡įŠļだということもåŋ˜ã‚ŒãĒいでくださいīŧ į‰šãĢ、įĩŒį”ŖåŠĻさんだとé™Ŗį—›ãŽį—›ãŋをįŸĨãŖãĻいるということもあり、多少ぎį—›ãŋだãŖたら我æ…ĸしãĻしぞうかもしれぞせん。

11
é ­į—› åĻŠåŠĻ

åĻŠå¨ ä¸­ã¯ã€ã„つおぎã‚ŋイミãƒŗグでおうãĒるかäēˆæƒŗができぞせん。

é ­į—› åĻŠåŠĻ

äŊ“重åĸ—加ãĢæŗ¨æ„ã—ぞしょう äģŠãžã§åãæ°—ã‚„čƒ¸ã‚„ã‘ã§éŖŸäē‹ãŒãģとんおéŖŸãšã‚‰ã‚ŒãĒかãŖたäēēも、つわりぎįĩ‚わりかけでéŖŸäē‹ãŒįžŽå‘ŗしく感じられぞす。

2
é ­į—› åĻŠåŠĻ

ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€ã™ãšãĻぎåĻŠåŠĻさんがįĩŒé¨“しãĻいるわけではありぞせんが、åĻŠå¨ ä¸­ã¯äŊ“čŗĒが変わるもぎですし、気圧ぎ変化ãĢ敏感ãĢãĒãŖãĻしぞうママさんはįã—くありぞせん。 åĻŠåŠĻぎ中ãĢはフãƒĢã‚ŋイム勤務をしãĻいる斚もいぞす。 čĄ€åœ§ãŒ180īŊž200をčļ…えãĻæ„č­˜ã‚’å¤ąã„ã€ã‘ã„ã‚Œã‚“į™ēäŊœã‚’čĩˇã“す重į¯¤ãĒįŠļ態です。

5
é ­į—› åĻŠåŠĻ

éŧģãŽé€šã‚ŠãŒč‰¯ããĒるツボです。 ã˛ãŠã„æ™‚ã¯åãæ°—ã‚„å˜”åã‚’äŧ´ã†ã“とも。 ただ、頭į—›ã¨å…ąãĢã€ŒãŠč…šãŒåŧĩã‚‹ã€ã€Œä¸‹č…šéƒ¨ãŒį—›ã‚€ã€ã¨ã„ãŖたį—‡įŠļがäŊĩせãĻãŋられる場合はį—…é™ĸでč¨ēãĻもらうようãĢしぞしょう。

7
é ­į—› åĻŠåŠĻ

そこで、åĻŠå¨ ä¸­ãŽæ‚Ēé˜ģīŧˆã¤ã‚ã‚Šīŧ‰å¯žį­–としãĻ、ã‚Ŧムを噛んでį—‡įŠļをčģŊくしãĻいるäēēもいぞす。 118â€ĸ そぎčžēは、ごč‡ĒčēĢぎčēĢäŊ“とį›¸čĢ‡ã—ãĻčĒŋį¯€ã—ぞしょう。

11