収束 どっち と 終息

「この問題が収束する」であれば、完全に終わったわけではなくても状況がかなり落ち着いたということを表します。 新型コロナウイルスの感染拡大に関連してよく使われる、ともに「しゅうそく」と読む「収束」「終息」の2語。

15
収束 どっち と 終息

「(新型肺炎の問題が)シューソクすればA国を訪問する。

16
収束 どっち と 終息

」 ケビン「完全な『終息』はないのカモシレマセンネ。

6
収束 どっち と 終息

口頭で話している時などは、「終息」でも「収束」でも意味が通る場合もよくありますので、どちらの意味で使われているのか注意して聞くようにしましょう。 「息災/終息」 (「デジタル大辞泉」より) このような意味をもつとされます。 ですが「終息」と「収束」では意味も違いますし、使い方にも違いがあります。

収束 どっち と 終息

不要な外出を避ける• 」 ケビン「確かに。 回答を再掲します。

収束 どっち と 終息

同じ意味の感じがしますが、何か違いはあるのでしょうか。 」 千鶴「そうね。

収束 どっち と 終息

二つ目の収束を使った分かりやすい例としては、「試行回数を増やすと確率は収束しやすくなる」「一刻も早い事態の収束を願うばかりです」「本件は一旦収束へと向かいました」などがあります。 「収束」の意味 「収束」は「混乱していたものがまとまって収まりがつくこと」という意味です。

7
収束 どっち と 終息

テレビやネットのコメントも「しゅうそく」を使うのをよく見かける。 では、「収束」とは一体どういう意味なのでしょうか。 終息の使い方 終息を使った分かりやすい例としては、「新型ウイルスの終息への道のりは長そうだ」「一年間続いていた暴動は終息を迎えた」「この食べ物のブームはまだまだ終息しなさそうだ」「新型ウイルスの問題が終息したらヨーロッパ旅行にいきたい」などがあります。