Question: 関与するのは、関与する最も一般的な臓器系に関与する臓器系に関与している臓器系が関与しています。皮膚、呼吸器、心血管系、胃腸(GI)システムが含まれます。ほとんどの研究では、アナフィラキシーの徴候の頻度と症状は臓器系によって分類されています。アナフィラキシー反応はほとんど常に皮膚または粘膜を含みます。

アナフィラキシーの影響を受けているのはどのような体系に影響を受けますか?

アレルギー症状は、関与する物質に依存していますか?

静脈内、副鼻腔と鼻に影響を与える可能性があります。継代、皮膚、消化器系。アレルギー反応は軽度から重度の範囲です。いくつかの重度の症例では、アレルギーはアナフィラキシーとして知られている生命を脅かす反応を引き起こす可能性があります。

アナフィラキシーアナフィラキシーショックの間に体に起こりますか?

アナフィラキシー、アレルギーまたはアナフィラキシーショックとも呼ばれ、突然の、深刻で寿命です。全身を含むアレルギー反応を脅かす。反応は気道の狭窄部によってマークされ、呼吸が困難になる。スロートの腫れは、深刻な場合に気道を塞ぐ可能性があります。

Contact us

Find us at the office

Kozel- Orvik street no. 72, 44881 Papeete, French Polynesia

Give us a ring

Stevie Salse
+47 281 192 473
Mon - Fri, 9:00-17:00

Reach out