リスク 全身 麻酔

術後にはどうしても合併症が起こります。

2
リスク 全身 麻酔

「全身麻酔の場合、呼吸を止めて人工呼吸器で呼吸をさせるため喉に管を入れることになります。 その合併症について自ら知ることが大切です。

リスク 全身 麻酔

苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。 術前の禁煙期間は長いほどよいが、短い禁煙期間でも合併症発生率は増加せず、 術前禁煙はいつから始めてもよい。

11
リスク 全身 麻酔

手術フロアへの移動は、看護師が付き添って徒歩、車椅子、ストレッチャーなどで行います。 また、覚醒に時間を要します。 手術前に飲食をしないよう予防します。

リスク 全身 麻酔

軽い合併症 喉の渇き 喉の渇きの感じが残るのは、麻酔の前に唾液分泌を少なくする注射をするため、術後でも喉の渇きを感じる事があります。 「かわいそうだから」といって、指示以外の時間に食べ物を与えたりしますと、取り返しのつかないことになる場合がありますので、この点だけはくれぐれも厳重に守ってください。

7
リスク 全身 麻酔

中止しなければならない薬を服用したことで、手術が延期される場合もあります。 予防するために、ぐらつく歯がないか術前にチェックしておきましょう。

20
リスク 全身 麻酔

主に、呼吸器や血流への影響があるようです。 全身麻酔の方法には、吸入麻酔と注射麻酔の2種類があります。 宜しくお願いします。

3