映画 アカデミア の 僕 ヒーロー

自身に考案したヒーロー名は、自分の名前にかけた「 ショート」。

映画 アカデミア の 僕 ヒーロー

何か事が起きたあとにネガティブな面を露骨に放言することが良くあり、蛙吹から「塩を塗り込むスタイルはよくない」と指摘されている。 そうすることでヒーローを相対化し、多様な意見の存在を前提としつつ、王道の少年漫画として理念・理想を保ち続けることができたとみなされている。 ただし、韓流ドラマなどアジア系作品はやや少なめ。

2
映画 アカデミア の 僕 ヒーロー

ヒーローコスチュームは、蛙をイメージしたデザインの緑を基調とした水中戦想定のボディスーツ。 自分を1番だと思い、「必ず勝つ」オールマイトに憧れ、彼を超えるヒーローになる決意をする。 これでは周囲に安心感をもたらすヒーローにはなれず、何より人を救助できないと反省し、人を救けるためにはまず自分が無事であることを心がけるようになる。

15
映画 アカデミア の 僕 ヒーロー

天真爛漫な性格で思ったことを、前後の脈絡なくそのままペラペラと喋ってしまう。

6
映画 アカデミア の 僕 ヒーロー

好きなものはラジオ、TV。 第一試合 A組:蛙吹・口田・上鳴・切島・心操 vs B組:塩崎・宍田・鱗・円場。 訓練の甲斐あってか、仮免試験の時点で短時間ならデメリットなしで自身を浮かせることができるようになる。

3
映画 アカデミア の 僕 ヒーロー

五指を弾いて発生させた衝撃波で硬直状態を解き、続けて右拳で殴り飛ばす併せ技。 鱗を生成するにはコラーゲンとカルシウムが必要不可欠で、戦闘時は補給用のサプリメントが欠かせない。 堀越は本作の発想の元について「の『』などのの作品の影響は大きいと思います」と語っている。

映画 アカデミア の 僕 ヒーロー

多くの方に支えられております」と喜びと感謝のコメントと共に、デク、爆豪、轟の直筆イラストが到着した。