戦 125 廻 呪術

アニメ大丈夫かな? 見てればなれるか。 そして場面は現代へ。

4
戦 125 廻 呪術

ふみの表情は泣きそうな顔です。 ふみ 次会う時は三人で!! そう言いながら 涙をぐっと堪える釘崎。 先輩が渋谷の今のことを話題に出すも、特に気にかけない沙織は、ふと村にいた時のことを思い出しています。

戦 125 廻 呪術

沙織が「先輩って結婚願望ありましたっけ」と聞くと、「何急に」と言われたので、沙織は「いや、こんなハズじゃなかったなって」「中二の時ド田舎に引っ越したんですよ」「うちの母オーガニックでスピリチュアルなヤバい女なんで」「そこで二人の女の子、えーっと7個下か」「特に野薔薇ちゃんって子が凄い懐いてくれて」「私一人っ子だからもう野薔薇ちゃんがカワイくってカワイくって」「慕ってほしくて無理にお姉さんぶって」「紅茶なんて出しちゃったりして、小1相手にですよ?」「連絡先は交換しなかったんです、徐々に疎遠になるのが怖くって」「村を離れる時ワンワン泣かれたなぁ」「でも、今の普通〜の私見たらガッカリするだろうなぁ」「元気かな野薔薇ちゃん」「今どこで何してるんだろ」と話す。 それによって、虎杖は行動できるのでしょう。

2
戦 125 廻 呪術

沙織ちゃん一家が村人から嫌われてたのは、娘のセリフから母親がスピリチュアルなヤバイ女だったことと関係していた可能性はありそう。

1
戦 125 廻 呪術

釘崎は沙織ちゃんに対して、お人形さんみたいに可愛くて、聖母みたいに優しい人という印象を持っている。

2
戦 125 廻 呪術

ふみも早くこの村を出なよ」と伝える。 まあこんなお別れを経て、東京で自分からスカウトされに行くんだからメンタルヤバすぎなんだけども。 約束守れなくて」 シーンは渋谷駅地下。

1