訴訟 リップル

また、現SEC委員長のGary Gensler氏が 仮想通貨に精通しており、この訴訟に関心を持つ可能性が高いことを指摘している。

19
訴訟 リップル

から提供されたXRPを販売。 Beaxyは声明で、「SECとリップル社はXRPの法的ステータスについて長年議論してきたため、訴訟は予測できないものではなかった。

16
訴訟 リップル

内容を以下に紹介する。

訴訟 リップル

あなたには委員長として希少な資源がある。

訴訟 リップル

この訴訟の行方は分からないが、White氏は 早ければ10月に裁判所からの略式判決という形で解決する可能性があると示唆している。 SEC元幹部で現在大手弁護士ファーム Davis Polkのパートナーを務めるJoseph Hall氏は、この訴訟について「SEC側が敗訴する可能性がある」と語った。

8
訴訟 リップル

いまや Western Union社に次いで世界第 2位の送金プロバイダーとなった MoneyGram社は、 XRP市場にとっても非常に大きな影響力を有する企業のひとつ。 リップル社への新たな訴訟 仮想通貨XRPの未登録有価証券販売疑惑を巡り、フロリダ州でリップル社と子会社XRP II, LLC、およびBrad Garlinghouse CEOに賠償を求める集団訴訟が提起された。

19
訴訟 リップル

リップル社は1月に正式な回答を提出し、同社とその幹部に対する告発を断固として否定している。

7
訴訟 リップル

仮想通貨の有価証券問題に対して、米SECがアクションを起こしたのは今回が初めてではないが、リップル社の事例を専門家らはどのように見ているのか?内容をまとめた。

6
訴訟 リップル

さらに制限をとった取引所は米国または欧州地域が大半で、米国市民を顧客と対象とする取引所が多かったと説明した。 XRPの取り扱い停止事例などを受けたものと見られ、「現時点ではSEC側の主張のみが拡散されている」と指摘している。 Ripple Lab(リップルラボ)のブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)CEO(最高経営責任者)、およびエグゼクティブチェアマンのクリス・ラーセン(Chris Larsen)氏に対するSECの13億ドルの訴訟だ。

10