だぞ こと

ãƒã‚ąãƒĸãƒŗå›ŗ鑑 åˆ†éĄžåˆĨâ€ĸ いらãĒいã‚ĸイテムを合成しãĻäŊœã‚‹ でんきだぞは、「鎧ぎ孤åŗļã€ã§čĄŒã‘ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒるマ゚ã‚ŋãƒŧ道場ãĢある、「ã‚Ļッã‚Ļロボ」でã‚ĸイテムを合成することでå…Ĩ手することができぞす。 į‰šæ€§ãƒģãƒģãƒģãƒģ、įŠļæ…‹ã§ã„ã‹ããŽåŠšæžœã‚’é˜˛ã„ã å ´åˆã€ãƒ“ãƒ“ãƒĒだぞはį™ē動する。

だぞ こと

č…¸å†…į’°åĸƒã‚’整え、éŖŸäē‹ã‹ã‚‰åž—た栄養į´ ãŽå¸åŽã‚’゚ムãƒŧã‚ēãĢするéŖŸį‰ŠįšŠįļ­ã€‚ いよいよīŧģãĒãĄã‚…ã‚‰ã ãžīŧŊã‚’æ‰‹ãŽã˛ã‚‰ãĢぎせãĻãŋると、įˇ‘č‰˛ãŽį˛’でį˛’ぎ大きさはかãĒり小さめです。

15
だぞ こと

čĻ–į•ŒãŒé–‹ã‘た感じで、ã‚ŗãƒŗã‚ŋクトぎåēĻ数を一つあげãĻčĻ‹ãˆæ–šãŒč‰¯ããĒãŖた時ぎ感じと同じãĒんです。 ä¸Šč¨˜ãŽåœ°å›ŗではč§ŖらãĒいかもįŸĨれぞせんが、 ãŋぎおわりからå›Ŋ道īŧ”īŧ‘åˇįˇšã‚’čĩ°ã‚Šãžã™ã¨ã€ įĨžé€šåˇã‚’æ¸ĄãŖãĻ富īŧˆåä¸‰īŧ‰åąąå¸‚がįĩ‚į€ã§ã™ã€‚ 写įœŸã§åŽŸå…¸ãŽčŠ˛åŊ“ペãƒŧジをčĻ‹ã‚‹ã“とが可čƒŊ。

2
だぞ こと

そぎ数がį¸Ļもæ¨Ēも斜めもįˇå’ŒãŒåŒã˜æ•°ãĢãĒる様ãĢ配įŊŽã‚’しぞす。 推åĨ¨ã•ã‚ŒãĻる一æ—Ĩぎį›ŽåŽ‰é‡ã¯ã€10īŊž20į˛’です。 よãŖãĻäŊ•ã‚‚せずã‚ŋãƒŧãƒŗを送りたいときビビãƒĒだぞをäŊŋうぎも有劚。

4
だぞ こと

įŠē気ぎ動かãĒã„č–„æš—ã„įŽ„é–ĸやお手洗いでは、ã‚Ģビがį”ŸãˆãĻきãĻしぞうことも。 ぎ際ãĢは、ãĢåž“ãŖãĻ夊降るようå‘Ŋじられ、äē”äŧ´įˇ’ぎ一äēēとしãĻ随äŧ´ã—た。

だぞ こと

č‡Ē分でäŊŋう前ãĢ、原際ãĢčŠĻしãĻãŋãŸæ–šãŽčŠ•åˆ¤ã‚‚čĒŋずãĻからäŊŋãŖãĻãŋようと思ãŖたからです。

16
だぞ こと

ã“ã‚Œã¯ã€Œã‚šã€ãŽč¨€éœŠãŽæ„å‘ŗではãĒいぎです。

17
だぞ こと

おæ˜ŧ前ãĢåąŠã„ãŸãŽã§ã€æ—Šé€Ÿã€ãŠæ˜ŧごéŖ¯ãŽå‰ãĢ服į”¨ã—ãĻãŋぞした。 į´…čŒļぎį”Ŗ地や、収įŠĢされるå­Ŗį¯€ãĢよãŖãĻ変わるå‘ŗ、合わせるデã‚ļãƒŧトとぎį›¸æ€§ã‚‚æĨŊしんでいただきたいです。 䞋えば、『古äē‹č¨˜ã€ãĢおいãĻがãĢį™ģãŖãŸæ™‚ã€åąąãŽįĨžãŽåŒ–čēĢãĢå‡ēäŧšãŖたが、倭åģēå‘Ŋは「これはįĨžãŽäŊŋいだから帰りãĢ退æ˛ģã—ã‚ˆã†ã€ã¨č¨€æŒ™ã’ã—ãŸã€‚

9
だぞ こと

į‰šæ€§ã§ã„かくぎ劚果をčˇŗねčŋ”した場合、ミナãƒŧã‚ĸãƒŧマãƒŧãŽãƒã‚ąãƒĸãƒŗが持つビビãƒĒã ãžã‚‚ã„ã‹ããŽãƒã‚ąãƒĸãƒŗが持つビビãƒĒだぞもį™ē動しãĒい。 éŖ˛ãŋįļšã‘ãĻいるとæœŦåŊ“ãĢæ°—æŒãĄãŒč‰¯ããĻ、į›ŽãŽå‘¨ã‚Šã‚’äŊ•ååˆ†ã‚‚エ゚テしãĻもらãŖた垌ãŋたいãĒ゚ッキãƒĒ感が、ずãŖとįļšã„ãĻいぞす。

8