永年 私財 法 墾田

律令の条文を丹念に読んでみると、活用可能な耕地は最大限に活用するという趣旨を汲み取ることも可能であり、その観点からであれば、墾田永年私財法は律令を否定するものというより、律令の法目的を補強するものだったとの見方もある。 もし以前に与えられた土地で、この限度よりも多いものがあれば、すみやかに公に還せ。 しかし人口が増加していったことにともない、国が貸し与える土地にも限界がくるようになります。

5
永年 私財 法 墾田

「墾田永年私財法」はその一つだったわけですね。 このようにして、裕福な貴族や寺社が多くの開墾地を所有することとなり、このような土地は「 荘園」と呼ばれました。

5
永年 私財 法 墾田

労働意欲を失った農民は、 租などの税負担に耐えかねて逃げ出し、耕す者のいなくなった土地は荒れ果てていきました。 しかしそれでも新たな土地の開拓は伸び悩んだため、20年後となる年に、新規の開拓地をに免税するこのがくだされた。 たとえば、大量の水が必要な稲作には、田んぼに水路を引くことが欠かせません。

17
永年 私財 法 墾田

しかし、これでは民衆にとったら 「田んぼをいくら耕しても自分のものにはならないし、さらに年貢の税率がひどいからもういっそのこと田んぼを耕すのをやめよ」というふうになってしまいます。

9
永年 私財 法 墾田

そこで朝廷が目を付けたのが、裕福な暮らしをしている貴族や僧侶です。

永年 私財 法 墾田

「医療提供体制」については入院患者数が増加傾向にあることなどから「体制強化の準備が必要」な段階だとした。 (が)命令する。

永年 私財 法 墾田

農民の士気を高めるため、朝廷は723年に「三世一身法(さんぜいっしんのほう)」を制定しました。 だってそうじゃないですか。

2