Question: 頸動脈にはプラークがあるのが一般的ですか?

内頸動脈動脈は脳に血液を供給します。アテローム性動脈硬化性プラーク蓄積の最も一般的な位置は、一般的な頸動脈が内部および外部頸動脈に分裂する頸動脈分岐(図1)である。

頸動脈のどの程度一般的であるか?

頸動脈プラーク罹患率と重症度40歳から急に急上昇した(図1a)。最小プラークの罹患率は、年齢層65~69年齢の年齢層25-29から51.2%に4.5%増加し、時代遅れのプラークの罹患率は30-34歳で30-34歳から25.0%の罹患率でした。グループ65-69年。

頸動脈内のプラークを減らすことができますか?

高血圧の管理や健康的な食事を採用するなど、ライフスタイルの変更を加えることで、この状態の既知の危険因子を低減または排除することができます。これは、頸動脈の動脈および体全体の他の動脈のプラークの蓄積を防ぐのに役立ちます。

頸動脈の穏やかなプラークは何が意味しますか?

「軽度」狭窄範囲は15%から49%の範囲の範囲動脈。時間が経つにつれて、この狭めは進行する可能性があり、ストロークにつながります。たとえそれが進歩しなくても、穏やかな狭窄は早期の血管疾患の兆候と予防策を要求することです。

Contact us

Find us at the office

Kozel- Orvik street no. 72, 44881 Papeete, French Polynesia

Give us a ring

Stevie Salse
+47 281 192 473
Mon - Fri, 9:00-17:00

Reach out