シリーズ プリキュア

また物覚えがやや悪く、ヒーリングガーデンを「ヒーリングカーテン」、ビョーゲンズを「ビョーキンズ」と言い間違えている。 脚本や演出においては放映当時の時勢を反映した、ドラマ性の強い内容も目立ち、プリキュアに一定ののファン層がついている理由はこの部分が大きい。 全身が鎧のようなスーツで覆われているほか、手から赤いモヤを弾にして放つ、刃にして斬る、鞭にして打つなどの攻撃を繰り出すことができる。

20
シリーズ プリキュア

よって変身者が「プリキュアに覚醒した」と公表するのは聞いた人物にも危害が及ぶおそれがあるため妖精から他言せぬよう注意されるのが大半である。 。

3
シリーズ プリキュア

妖精は常にプリキュアと帯同しサポートを担っているが、間接的にサポートする妖精(ティラミスやミス・シャムールなど)も存在する。 はこの年からの作品はこれまでのから転換し、参加作品数を直近3作品に絞ったに移行、一方の単独では前作のつかいのが客演で登場するという初の試みも行われており、開初週では以来5年ぶりの動員を達成している。

9
シリーズ プリキュア

関連玩具のメインターゲット層は未就学女児としているが、アニメの視聴層はシリーズを重ねるごとに拡大しており、『』から『』までのプロデューサーを務めたは大人の男性の視聴にも耐えうる作品づくりを意識している事を明らかにしている。

1
シリーズ プリキュア

秀一(しゅういち) 声 - 孝太の同級生。

シリーズ プリキュア

2人はひなたに口止めを頼むが、彼女は初めから公言しないと告げたため事なきを得る。

18