まなざし くろい

ビーダル 怒りの前歯の削りが意外と役に立つ。 まではにげられない状態のポケモンが使うは失敗する。

まなざし くろい

22 めざましビンタ かくとう 物理 60 100 10 相手が『ねむり』状態の時、ダメージが2倍になるが、『ねむり』状態は治る。 2ターン目:相手はなまけで行動できず、ゴチルゼルは積み技で能力をアップします。 ただし弱点のでんきやほのおはだいたい特殊なのが泣き所。

9
まなざし くろい

相手が『どうぐ』を持っている時は失敗する。

まなざし くろい

バインド• 1 なきごえ ノーマル 変化 - 100 40 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 自分がひんしになる技• 予め残りHPを1にしておきがむしゃら使用で相手HPを確実に1にする。

15
まなざし くろい

とくせい『てつのこぶし』の時、威力が1. コガネシティラジオ塔のIDくじ2等 きょうせいギプス 戦闘時すばやさが2分の1になる。 持っていたらすかさずトリックで奪取。

15
まなざし くろい

『タイプ』相性の影響を受ける。

9
まなざし くろい

ねむり• ほのお• では、 相手がバトル場を離れるまで効果が続くワザとなっている。 使ったポケモンがする• とんぼがえりなどの交代技 とんぼがえりやボルトチェンジ、バトンタッチ、すてゼリフなどの技なら、逃げられない状態でも交代することができます。 カビゴンとパルシェンに両方効果抜群のダメージを与える格闘ポケモンのカイリキーとは異なり、相打ち狙いの「じばく」や「だいばくはつ」でダメージを受けないため、カイリキーよりも2枚抜きをできる可能性が高い。

20
まなざし くろい

第四世代まで使用可能だった「くろまなバトン」戦法を使えば、の特性を持つポケモンに交代してを無効にできたため、、の捕獲に非常に優秀だった。

14
まなざし くろい

1 はたく ノーマル 物理 40 100 35 通常攻撃。

18