部 打撲 頭

また、24時間~72時間は腫れや痛みが悪化しやすいので症状を抑えるために、氷のうや湿布、内服薬にて経過をみます。

15
部 打撲 頭

命に係わるほどの重い症状ではありませんが普段の生活の質を落としてしまうという点では問題です。 セカンドインパクトシンドロームは、頭を打ったあとに全体的に脳が腫れ上がってしまうことを言い、非常に致死率が高いです。 しばらく呼びかけ続けても意識を取り戻さない場合には、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

5
部 打撲 頭

例えば、頭を打った時には、たいして痛くはなかったが、しばらくして頭が痛くなってきて時間の経過とともに耐え難いほど強くなってきたとか、頭を打った時には、打った所がひどく痛んだけれど、しばらくして痛みは和らいできた。 たんこぶの大きさ、出血の有無などを確認するのも必要です。

12
部 打撲 頭

その中でも、特に 側頭部のタンコブは気にすべきです。

2
部 打撲 頭

熱が高くなる また、頭部外傷後は少なくとも24時間は、次のことに留意してください。 眼球の部分をひどく打った時には、眼科の診察を受けておいた方が安心です。 首の後ろの方に向けて1番上の頚椎を通るように真っ直ぐ線を引き、同じように1番下の頚椎を通るように真っ直ぐ線を引きます。

14
部 打撲 頭

意識が朦朧としている• そこで頭を打った後の人を決してひとりで放っておいてはいけません。 特に、後に意識障害を起こしていた場合は、要注意です。 保護者が子の行動は正常と見ている 2歳以上の小児における予測基準• その場合は、病院を受診し、適切に縫合する必要があります。

部 打撲 頭

小児科• どちらの検査がいい悪いもありません。 まれに2. STEP2 検査 レントゲンやCT検査を行い骨の形状・骨の間隔のチェックを行います。 (なお、子どもの場合についてはをご参照ください。

13
部 打撲 頭

骨折していると、場合によっては目の見え方に影響が出る場合もありますので、少しでもおかしいと感じたら検査してもらうことが大切です。