白蓮 柳原

大正9年に菊池寛によって書かれ一大ブームとなった新聞小説『』は、「白蓮事件」をモデルにしたものとする説があるが間違いである。 10月24日、大阪毎日新聞で北尾の筆による 「絶縁状を読みて燁子に与ふ」という絶縁状への反論文の連載記事が始まる。 すぐに柳原家に引き取られ、前光の本妻である初子に育てられますが、9歳で遠縁の北小路家の養女として引き取られることになります。

白蓮 柳原

5月、燁子は龍介との間の男子を出産する。 一方、宮内省では華族としての体面を守るため、子供はら宮内官僚によって伝右衛門の子として出生届を出すべく図られており、燁子の手から取り上げられ兄嫁の縁者に預けられた。 伝右衛門へ向けた最後の手紙を紙面に掲載 出典: 1921年10月23日朝日新聞 この手紙に対し、伊藤伝右衛門は4日後の10月27日、今度は大阪毎日新聞に返答文を掲載しました。

9
白蓮 柳原

伊藤伝右衛門と離婚。 燁子ら一家は家宅捜索を避け、の別荘に避難した。

11
白蓮 柳原

上海と打ち合わせている事を言い返すも荷物はすでに下ろされていた。 「俺の一生の中に最も苦しかつた十年」と燁子との結婚生活での苦悩を語る伝右衛門のインタビューは、自分が受け取る前に新聞公開された憤りや屈辱感と、伊藤家の内情を詳細に語った生々しいものとなる。

18
白蓮 柳原

自分なりの母の務めとして、静子と初枝には最先端の教育を受けさせるべく、自分の母校である東洋英和女学校へ編入学させ、婿を自分の縁続きから世話をした。 自分の実生活を歌った歌集や詩集が世の中に受け入れられていることを見ても、性格が悪かったとは思えません。

8
白蓮 柳原

のあったのこの時代に、道ならぬ恋は命がけであった。

白蓮 柳原

伊藤伝右衛門には妹のキタがおりましたが、母の「ヨシ」は伊藤伝右衛門が七歳の時に亡くなり、また、父の伝六は病にかかっていたため、伊藤伝右衛門とキタはそれぞれ親類宅に預けられていました。 しかし、結婚から10年、3人目の夫となる宮崎龍介と出奔し、新聞紙面で絶縁状を突き付けた「白蓮事件」によって、この結婚生活に終わりが告げるのです。

4
白蓮 柳原

当初の予定では、絶縁状を伝右衛門に郵送した後に失踪が記事になる予定であったが、新米記者の早坂・中川の動きから19日には事を察知した大阪朝日が、失踪翌日には記事を出そうとした事から、龍介側から掲載を1日伸ばす要請が入り、その代わりに絶縁状を渡す交換条件が出された。

17
白蓮 柳原

宮田昭 『筑豊一代 炭鉱王 伊藤傳右衛門』書肆侃侃房、2008年• その後のに寄宿し、1人になる時間には図書館の本を片っ端から全部読み、その経験が学問の基礎を作った。 (明治27年)、9歳で遠縁にあたる・(きたこうじ よりみつ) 1832〜1916 の養女となり、小学校も転校となる。 滔天の活動費のため先祖伝来の田畑も売り払い、一家はさらに困窮して郷里に居られなくなり、槌子は荒尾の家をたたんで(明治38年)正月に子供達と共に上京し、・番衆町の滔天宅で暮らすようになる。

17