Question: ストライクアウト法とは何ですか?

攻撃することは、裁判所を順番に命令することができなくなる可能性があるように裁判所を順序付けることを意味します。これらの目的の場合の訴訟は、申請書または回答の全部または一部として定義されています。

ストライク法は何ですか?

ケースが「打ち消し」の場合、裁判所はそれを却下したことを意味しますすべての証拠を完全に聴くことなく。 ...ルール3.4では、裁判所は「ケースの声明」の全体または一部を「攻撃」することができます(各側が生産する文書、法的引数の要約を設定します)。

テストとはストライクアウト?

裁判所は、主張の目的を目的としており、請求書の主張の真実を想定し、法律の問題として、そのような申し立てが法律に知られている行動の原因になるかどうかを考慮しています。彼らがそうでなければ、クレームをもたらすための合理的な根拠はありません。

攻撃順に何が注文されていますか?

•パーティーを強制するために攻撃を申請することができます。特にあなたのケースの反対側が直接訴訟であるところで指示命令の遵守を強制する。 •これが、代替位置を持つアプリケーションで常にドラフト注文を提供する必要があるのは、注文がない限り、防御が攻撃されたときに何が起こるのか?

裁判官が持続したときにどういう意味ですか?

サステイン特に長期間にわたる、サポートまたは維持することを意味する。耐えたり、受けたりする。法的状況において、維持することはまた、判決を支持することを意味するかもしれません(例えば、「異議」)。 [WEX定義チームによる2021年8月に最終更新]

なぜ弁護士がストライキを言うのですか?

試用段階では、パーティーが証拠を除去するために攻撃を起こそうとすることができます。陪審員が証拠を無視するように指示された裁判所の記録からの証人の証言の証言。 ...そのような動きは、証拠が無関係か偏見である場合に昇る。

恥ずかしい訴訟は何ですか?

この文脈における恥ずかしさは様々な意味の影響を受けやすい、または矛盾する主張を含む訴えを指します。あるいは、その代替案が混乱しているかどうか、あるいは費用を増やす傾向がある無意味な申し立てが行われる。

防御にどのように対応しますか?

反対召喚氏との役割を果たしていない限り、防衛に返信する必須の規則はありません。 ..防御に直接請求することは、特許の特に同じ声明であり、同じようにフォーマットされるべきである:宣言言葉の見出し「防御への回答」.Responseは、被告の返信と同じ方法で構造化されるべきです。

裸の否定の嘆願とは何ですか?

防衛を訴え逃さなかった被告は、正式に防衛し、それを記録に置いている必要があります。 ...裸否証明を提出することによる被告は、メリットの問題に参加していると見なされており、原因を証明するために原因を証明する必要があります。

否定されていないものが入院されますか?

サブアル(1規則5のうち、特別に否定されていない場合、または被告の宣伝において認められていないことに述べられている場合は、まったく事実に記載されているか、または被告の宣伝において認められないと述べられていることを規定している。これは、認証されている事実が証明される必要がないという事実の一般的な証拠の一般的な規則を例外的です。

目的のときに何が言うのか、例えば異議を冒して、例えば「異議を申し立てる」その質問は財団に欠けていることを尊重します。聞いてもらえますか?

」裁判所が許すならば、あなたの問題を説明する。説明する前に聞いたり再起動する前に聞こえようとしてください。常に他の弁護士ではなく裁判官に対処してください。

打撃への動きとはどういう意味ですか?

攻撃への動きは、当事者の訴えの一部または証拠の一部をレコードから削除する裁判官への要求です。推論段階では、これは、民事師の連邦政府法の規則12(F)などの道具によって達成することができます。

曖昧で恥ずかしいの?

訴えがあいまいなのが難しい例外そして恥ずかしい行動の原因で特定の段落に向けられていない:それは行動の原因になります。それはあいまいで恥ずかしいことが証明されなければなりません。そのような例外は、行動の原因とその法的妥当性ではない。

議論の例とは何ですか?

以下は、民事裁判または訴訟における最も一般的な訴訟と動きのいくつかです。苦情。 ... 答え。 ...その他の顧客。 ...大部分。 ...試運転前の動き...試用後の動き

Contact us

Find us at the office

Kozel- Orvik street no. 72, 44881 Papeete, French Polynesia

Give us a ring

Stevie Salse
+47 281 192 473
Mon - Fri, 9:00-17:00

Reach out