元 レベル チート 勇者 候補 2 から だっ た

マンネリされた漫画ではなく、ワクワクして読めるおすすめできる作品。 だが、その能力が一般市民並みだったため、勇者失格の烙印を押されてしまう。

16
元 レベル チート 勇者 候補 2 から だっ た

人族に侵攻せず、たびたび街へ繰り出すゴウルに対し、自身こそが真の魔王と謳うユイガード。 自称公証人で実はリザの追っている宝飾品泥棒マレーネに導かれ発見したその財産とは、かつてダ・ヴィンチがガイセリクという邪神を閉じ込めるために描いた封印絵画であった。 少女はバナザが浄化魔法で消滅させてしまった魔王軍四天王フェンガリルの妹フェンリースが人間の姿に変身していたものだった。

1
元 レベル チート 勇者 候補 2 から だっ た

1度召喚してしまえば暇だろう」 「暇って……。 作品内容 異世界に勇者候補として召喚され、レベル2からチートになったフリオは、伴侶のリースや、友人のバリロッサたちと共に日々の暮らしを謳歌していた。 読んでいくうちに、自分の想いと関係なく異世界へ召喚されたのにもかかわらず、自分の他に最強のステータスを持った勇者が召喚され、すぐに用済みになるという不遇の主人公であるバナザの性格がやさぐれることもなく、逆に不撓不屈で前向き、しかも謙虚でいて読んでいてとても気持ちがいい。

7
元 レベル チート 勇者 候補 2 から だっ た

そんな彼は、Lv2になったとたんにあらゆるスキル、あらゆる魔法を習得しすべての能力値が上限突破した超チートへと超絶進化! にもかかわらず、いつも飄々とした笑顔を浮かべるマイペースな彼は、魔族のリースを妻に向かえた新婚生活を満喫していく。

20
元 レベル チート 勇者 候補 2 から だっ た

お気持ちだけで十分です。 フェンリースはバリロッサ一行が太刀打ちできないほど強い魔物だったが、無限の力を持つフリオの力には叶わず、一緒に旅をすることになった。

元 レベル チート 勇者 候補 2 から だっ た

召喚早々、勇者失格の烙印を押されたバナザ。 一方、フリオの足取りが掴めないことにしびれを切らし、自身で捜索を始めた魔王ゴウルは、ついにフリオと再会する。 カクヨム他でも掲載しております。

元 レベル チート 勇者 候補 2 から だっ た

記念すべき魔導船のお披露目のために開催された就航式には、その姿を一目見ようと各国の人々が参集していた。

13
元 レベル チート 勇者 候補 2 から だっ た

生活費も底をつき、父親の薬も残りわずか…… 哀れなキリムを見かねて、ステアはキリムに旅立ちを決意させる。

7