かっこいい よじ 熟語

また、ものごとにこだわらず。 1つ目は「慧眼」(けいがん)です。

10
かっこいい よじ 熟語

直往邁進(ちょくおうまいしん) ためらわずに、まっすぐ進んでいくこと。 詳しい意味と一緒に、ご紹介していきます。

19
かっこいい よじ 熟語

白夜 びゃくや 真夜中になっても薄明になっているか、または太陽が沈んでも暗くならない現象のこと。

7
かっこいい よじ 熟語

<例> 今回のことは非常に心残りだが、因果応報と思って諦めるしかない。 「撓」は、たわんだり屈したりするという意味です。

2
かっこいい よじ 熟語

人生の師と申しましても過言ではありません。

かっこいい よじ 熟語

静かな夜の雰囲気をイメージした曲のことで、様々な作曲家によって数多くのメロディーが作られています。

20
かっこいい よじ 熟語

地球が丸いことを実感させ、青空の奥行や広がりを表現している二字熟語です。 不知火 しらぬい 八代海や有明海で旧暦8月1日前後に現れる蜃気楼の一種。 ロマンチックな字面ですが語感には落ち着きがあり、年月を積み重ねた人が言うと浮いた感じはしません。

かっこいい よじ 熟語

彼とうまく付き合っていくためには、上手に男を立てることも必要で. かつて出陣前の勝利祈願として太鼓や舞で士気を高揚させていたことに由来する、かっこいい言葉です。

19
かっこいい よじ 熟語

とどまることなく急速に進歩、発展すること。