橙 岸谷

登場当初は百歩神拳を操る使いと思われていたが、その実態はケルベロスの改造手術により、人工 と化し、を操っていた。

橙 岸谷

有元啓太朗• ロド・ソドム 声 - 、ならはしみき(幼少時) ソドム兄弟長男(アレクサンドの次男)。 胡文老師(こぶんろうし) 声 - 青掛拳主将。 赤子の頃にサバンナに捨てられていたところを偶然通りかかったチンパンジーのエテ吉に保護され育てられた(その時の名は「 アブラハム・インスブルック8世」とナレーションで紹介されている)。

11
橙 岸谷

一か月経っても父親は現れず、母親も死去したことからターちゃんとヂェーンはエンリコを養子に迎えようとし、ターちゃんは将来農家になってもらおうと農業を教えるが、ターちゃんに憧れるエンリコは格闘家を目指すと言い、危険を伴う格闘家になろうとすることにターちゃんは苦悩する。

13
橙 岸谷

今季エスパルスに加入した現役のタイ代表FWで「タイの英雄」とたたえられるティーラシン選手が、同じくタイ代表で札幌に所属するMFチャナティップ選手とGKカウィン選手、横浜FMのDFティーラトン選手と対決。 (2008年12月20日、日活) - 黒田浩二 役• ただし、命令がない場合には自分の意思で行動し、ギャグシーンを演じたり、ロドと戦ったり、テレビのニュースに興味を示したりした。 片桐はいり4倍速 「受験生」(2009年)• また、吸血鬼にとって異性に血を吸われるということは一種の愛情行為でもある為、梁に対しては複雑な心境を抱く。

8
橙 岸谷

江口シオン• 東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻第7期生修了作品。 チュベットじいさん 『旧』で登場。 (2015年7月20日 - 9月14日、フジテレビ) - 金沢公平 役• 十二神将編で16歳として再登場し、逞しい長身に成長している。

19
橙 岸谷

の柔道60キロ級金メダリストでもありターちゃんに柔道を教えたが、スカウト料を払わずにターちゃんを連れて行こうとしたためにヂェーンの巴投げで上空まで投げ飛ばされる。 ユンケル帝国編以前(『旧』)にも登場しており、アフリカに旅行で訪れ、ターちゃんにガイドを依頼している。

10
橙 岸谷

超人的な反射神経と筋力を持ち 、走る速さはチーターを軽く上回る時速175kmに達するほか、泳ぐスピードも普通の人間が走る速度を上回っている。 準決勝の試合でターちゃんに勝つためにステロイドを大量に注入され急激に筋肥大したが、賢や靭帯を過剰に酷使するため5分以上は戦えなかった。

5
橙 岸谷

東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻第7期生修了作品。 金鳥 虫コナーズ「無防備」篇・「初めてぶらさげた人」篇 2020年4月5日 - - と共演 MV・PV [ ]• (2020年10月20日 - 12月22日、TBS) - 新谷誠 役 ウェブ配信 [ ]• MONKEY No. 下山天• 一人称は基本的に「私」だが、ヂェーンとの会話時には「僕」、激昂したり独り言などでは「俺」になる場合もある。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。

15