由来 カンパチ

成魚の呼び名も、関西では「アカハナ(赤鼻)」が一般的で、これは赤みを帯びた吻 ふん からきている。 鹿児島ではネイゴ-アカバラ 稚魚はブリと同様に流れ藻に付くことから「モジャコ」(藻雑魚)と呼ばれる。

由来 カンパチ

ブリよりも南方にすむ魚で、東北地方以南、台湾、遠くニューギニア方面にもすんでいます。 形態 [ ] 成魚は全長1m前後である。 同じように「環境」について書かれています。

3
由来 カンパチ

天然物の旬は夏〜秋口にかけて。

20
由来 カンパチ

最大で全長190cm・体重80. 砲弾のような流線形の体形はブリやヒラマサと同様だが、それらよりも体高が広い。

4
由来 カンパチ

また、背ビレの前方から眼を通り、上あごへと斜めに延びる黒褐色の帯があり、これを背中側から見ると漢数字の「八」に見えることがカンパチの名前の由来となっている。 環境、エサ、そして養殖業者の「努力」が、今の鹿児島の美味しいカンパチが完成しているんです。

由来 カンパチ

この違いはとくに生きているときに顕著で、釣りでやりとりして海面近くまで浮かんできたときに見分けることも可能だ。

9
由来 カンパチ

ハリスは20号~60号。 リーダーは80~130ポンドを5~15m。 では、今回はこの辺で。

4
由来 カンパチ

ヒラマサ、 、 等は紡錘形の体型で本種よりも体高が低く厚みがある。 英名にある"Amberjack"はブリ属に共通する呼称で、体側の黄色の縦帯をに見立て、アジ科魚類の総称"Jack"をつけたものである。