さま 美智子

だが、宮内庁のスタッフが 「作業着をお召しになられたほうが、真摯さを感じ、好感度が高まると思います」と指摘すると、今度は私服でもよい場面でも両陛下共に作業着をお召しになるという逆転現象が生じだ。 平成という時代を通じ、災害のたびに慰安の旅をされていた両陛下のお姿を何度も見てきた人からすれば、この濱尾さんの指摘には違和感を覚えるかもしれない。

さま 美智子

外国人との交際も、それまでの皇室に前例のないことでした。 しかも女性皇族は結婚後、皇室を離れることになっている。

10
さま 美智子

また、後の第126代天皇となる浩宮徳仁の命名は祖父・昭和天皇が行った。

14
さま 美智子

それは、、のころといわれ、四代を経て正田文右衛門と称し、以後累代これをした。

20
さま 美智子

600年間、〔旧宮家の〕男系が続いている保証はない」と述べ、 「〔復帰するとなれば旧宮家の男系男子の〕染色体、遺伝子の検査をして、〔現在の皇室と〕繋がっていないという話になるかもしれない。 にちなんだ「テニスコートの出会い」として知られ、その後もテニスを通して交際を深めたといわれる。

15
さま 美智子

自分にふさわしいものを選択していく、ということでしょうか。

12
さま 美智子

美智子さまが 『旧宮家復帰となれば、DNA検査をするのでしょうか?』と問われ、 『そうなる可能性はあります』と答えました。 脚注 [ ] []• 現役の大臣が「女系天皇容認論」を口にすることは異例のことであり、ネット上では賛否両論が沸騰している。 : エレファント勲章 -• 皇太子妃時代、庶民からの羨望の気持ちを込めて「同じ服は二度と着ない」などとも いわれて [ ]いたが、実際には丁寧に管理され、時には仕立て直しなどをして繰り返し着用しているという。

11