じゃ から ありません 聖女 わたし

十四歳のときにダンジョンに連れてこられ、もう五年の月日が経とうとしていた。 元聖女と秘密を抱えた青年が紡ぐ冒険ファンタジー、ここに開幕! 著者等紹介 長月おと[ナガツキオト] 異世界恋愛ファンタジー好きで、妄想をそのまま書き綴るスタイルのラノベ作家。

18
じゃ から ありません 聖女 わたし

【内容情報】(出版社より) 新たに出てきた聖女により、婚約破棄&冤罪でダンジョン攻略最前線から追放された元聖女ステラ。 放置して新しい題材に着手するか、粘って執筆をするか。

7
じゃ から ありません 聖女 わたし

剣は輝きを取り戻し、切れ味もいくらか回復させた。 1年後、冒険者になった彼女は、先祖返りで青い竜に変化することができる亜人・リーンハルトを助けて、彼とコンビを組むようになったことで、楽しい日々を過ごしていた。

16
じゃ から ありません 聖女 わたし

良かった」 「ライル様」 魔物討伐隊の総司令官で、この国の第二王子ライルの落ち着いた声がステラの疲れを癒やす。 これで動ける」 「みなさん、もうひと踏ん張りです。

14
じゃ から ありません 聖女 わたし

リンデール王国にできたダンジョンは巨大であり、大穴に入っても核の場所を探すのも困難。 みっつめは、核から瘴気が抜け、魔物の発生がなくなるのを待つこと。 何ごとにも必死で余裕のないステラがリーンハルトと出会って、周囲を見る余裕を持って、自分を見つめ直していくのが、心地よし。

じゃ から ありません 聖女 わたし

書いてくださったのは、 おさく様 作品がなかったので読み専の方でしょう。