申し上げ です 恐縮 まして を 無理 が ご

「無理を言ってすみません」の「無理」を丁寧な言い回しの敬語表現である「ご無理」に変えて、言ってを「申し上げる」や「聞いていただき」という謙譲の形にして相手を高めます。 ・~について、何卒ご容赦下さいませ。 ・ご無理を申し、申し訳ございません。

19
申し上げ です 恐縮 まして を 無理 が ご

無理なお願いをする時にも、この6W3Hが全て内容に入っているかを事前に確認しておきましょう。

2
申し上げ です 恐縮 まして を 無理 が ご

こちらの都合で相手に不快な思いをさせてしまわないためにもしっかりと誠意が伝わるような内容のメールを送るように、心がけるべきですね。 お願いしづらい状況では以下のようなフレーズがよく使われています。

4
申し上げ です 恐縮 まして を 無理 が ご

ご無理を申しまして大変恐縮ですが、 何卒お取り計らいの程お願い申し上げます。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。

申し上げ です 恐縮 まして を 無理 が ご

・~をお願いできますでしょうか。 この記事では、お願いの中でも、相手に無理なお願いをしなくてはいけないケースの伝え方やメール例文をご紹介します。

10
申し上げ です 恐縮 まして を 無理 が ご

社会人になると多くの人と関わって仕事をするようになります。 もし、断られてしまった時にも、お願いを聞いてくれたことに対しての、感謝の言葉を忘れずに伝えるようにします。

20
申し上げ です 恐縮 まして を 無理 が ご

1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 具体的な例文は「この度は、〇〇のプロジェクトに関してご無理を申し上げて大変心苦しいですが、〇〇日までの納品をお願い申し上げます。 今回は「無理なお願いをするときのメールの書き方」について、相手を不快にさせず、お願いを聞いてもらうためのコツを例文付きでご紹介します。

3
申し上げ です 恐縮 まして を 無理 が ご

(株)転職・ノマドでございます。 なお、「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は自分に非がない場合に使用するため、例えば「恐れ入りますが、もうしばらくお待ちください。 」などが適切でしょう。