Question: 妊娠中の抗生物質はどのくらい一般的ですか?

妊娠中に抗生物質が処方され、妊娠中の女性の処方薬の約80%が占められています。

妊娠中の抗生物質はどれほど一般的ですか?

曝露妊娠中の抗生物質は非常に一般的です。妊娠中に少なくとも一度抗生物質を使用して、妊娠中の女性の70パーセントの周り、および抗生物質が妊娠中に使用されるすべての処方薬の80%近くを占めています。

妊娠中に安全で最も抗生物質である

催奇形性になり、妊娠中は完全に避けるべきです。これらには、ストレプトマイシンおよびカナマイシン(難聴の原因となる可能性があります)、テトラサイクリン(これは弱化、低形成性、および長い骨や歯の変色につながる可能性があります)には、妊娠中のアモキシシリンを服用することができますか?

は通常アモキシシリンを服用しても安全です。妊娠中および母乳育児の間。

アモキシシリンの上に母乳を育てることができますか?

は、Mayo Clinicは、母乳育児の女性にとって一般的に安全であると考えられているいくつかの抗生物質をリストしています。

妊娠中の感染症の兆候は?

妊娠中の軽微な感染症でさえ医師または助産師と話すべきである。症状は以下のところに含まれる:膣または外陰部の痛みを含む。膣内。大量の薄い色の色の排出。妊娠中の間に細菌感染がある場合はどうやって知っていますか?

Contact us

Find us at the office

Kozel- Orvik street no. 72, 44881 Papeete, French Polynesia

Give us a ring

Stevie Salse
+47 281 192 473
Mon - Fri, 9:00-17:00

Reach out