屋 ちゃん ケーキ けん

舞台装置:• 音楽:• ケンイチ - 岡浩也、チャコ - 斎藤ゆかり、ケンジ - 野崎秀吾、お父さん - 高津住男、お母さん - 岸久美子 1980年3月6日 - 1981年2月26日放送・全52話 ラーメン屋「ファミリーらーめん」が舞台。 - タイトルをもじった()の作品。 」 番長「先代ゆずりのケーキやお菓子はあるのですか?」 西田「先代と同じ名称のケーキはあっても、その形や味は私なりにアレンジをしています。

17
屋 ちゃん ケーキ けん

雷先生:• 以降の3作品ではケンジらが中心となり、ケンイチは彼らを見守ったり助言したりする立場の、実質的には脇役的な存在になる。 納得出来ないだろ。 同時上映は『』・『』(第1作)・『』(アニメ第1作)・『』の4本。

19
屋 ちゃん ケーキ けん

また、が『ジャンケンケンちゃん』や『ケンちゃんトコちゃん』のコミカライズを担当したこともある。 第45話(1973年1月11日) 返さなかった本• 長男ケンイチ(宮脇康之)、次男ケンジ(岡浩也、設定は小学1年生)に加えて長女チャコ(:の妹)が登場。 この作品のみ、月 - 金の13:00 - 13:30(後の『』の枠)で放送した。

18
屋 ちゃん ケーキ けん

第51話(1973年2月22日) 那須であった女の子• 制作:TBS、 主題歌 [ ] 「ケーキ屋ケンちゃん」• 第6話(1972年4月13日) 夢いっぱいの二人• お母さん役で最多出演をすることになるが初登場。 過去に「チャコちゃん」もVHSビデオ版が発売されているが、こちらも一部の回のみ収録されたものであり、全話分は発売されていない。 出演者 [ ]• マコ:• (現:)。

屋 ちゃん ケーキ けん

泉竜太(サッカーのコーチ):• 反面弟・妹の設定のものはトラブルメーカーで問題解決能力に欠ける傾向にある [ ]。 チャコ役として新しくが登場。 第37話(1972年11月16日) 健一は男でござる• 基本的に俗悪なシーンは登場しない。

屋 ちゃん ケーキ けん

1982年「ニシキヤ」に。 第4話(1972年3月30日) ひみつのプレゼント• 築30年ぐらいという店舗は、洋菓子喫茶の昭和レトロな風情もあり居心地がとても良く、商店街の憩いの場ともなっている。 HP: 西田喜孝シェフProfile 1960年 東京生まれ。