と 道化師 アルルカン

宝田などこれほど滑稽な道化師はなかなかいないであろう。

19
と 道化師 アルルカン

各支店がM&Aの成功例を発表していく中、大阪西支店の発表のタイミングとなる。 大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。

6
と 道化師 アルルカン

ミステリ的に言えば「被害者が共犯」のパターンであることがこの現代美術の一大スキャンダルが長い間覆い隠されていた秘密であった、ということが出来るだろう。 渡真利忍(とまり しのぶ) 東京中央銀行 本部融資部企画グループ 調査役 半沢の同期入行の親友。 半沢からしたらドラえもんの四次元ポケット並みに便利な男です。

14
と 道化師 アルルカン

将来の頭取と目されている。 半沢直樹を追い込もうとあの手この手を使って、全責任を押し付け、大阪西支店から転勤させようと動きます。

と 道化師 アルルカン

それを見た田沼は、盗作がばれると自分がコレクションしている仁科作品の価値が暴落してしまうことを予見し、丹波篠山にある佐伯の作品を買い、仙波工藝社に眠る「H. 半沢よりも二つ年上。 あらすじ 西大阪スチールに対する5億円の債権回収騒動が起こるよりも前、東京中央銀行東京本部の審査部調査役として辣腕をふるっていた半沢直樹は業務統括部長の宝田信介と事ある毎に対立し揉め事を起こしていたが、毎回、殆ど宝田を論破したことで彼の反感を買う羽目になり、僻地へ異動させられる圧力を掛けられたことから、人事部の計らいでほとぼりが冷めるまでの間、大阪西支店の融資課長として異動することになる。 同期の渡真利から、仙波工藝社の買収を考えているのは大手IT企業ジャッカルと聞かされる。

9
と 道化師 アルルカン

梅田駅近くに本社がある。

15
と 道化師 アルルカン

理由はいくつかあります。

11