ブルズ マジック 対

のファイナル進出以来45勝前後を行き来するシーズンが続いているは、このシーズンは大黒柱のが26試合を欠場するも52勝を記録し、は最優秀コーチ賞に選ばれた。

ブルズ マジック 対

そして2日後の戦では、NBA史上初となる70勝に到達。 ブルズ 18 24 18 18 78 スーパーソニックス 18 25 19 27 89 第6戦 [ ] 3連勝からまさかの2連敗で傾きかけたシリーズの流れを取り戻したのは、"バッドボーイズ"時代に2連覇を経験したロッドマンだった。 ジョーダンがこのオフに積んだハードトレーニングの成果は、開幕戦から発揮された。

6
ブルズ マジック 対

ソビエト出身であった為、アメリカとソビエトの冷戦真っ只中で情勢的には入団が厳しかったが素晴らしい素質の持ち主で、90年代中盤に入団した。 :1966-1976• 開幕から不振に陥ったはシーズン途中にをヘッドコーチから解任し、を呼び戻したが、翌シーズンにはがチームを去ってしまう。

7
ブルズ マジック 対

しかし、野球挑戦の間に10~15ポンド(約4. G - ,• を採用することになるをにコーチに迎えている。 ジョーダンが黙々とトレーニングに励む中、も3年ぶりの王座奪還に向けて大胆な人事を行った。 C - ,• マイケル・ジョーダン, シカゴ・ブルズ• とは放出された。

9
ブルズ マジック 対

西から勝ち上がってきたのは、率いる。

2
ブルズ マジック 対

C - , オーランド・マジック• 3アシストを記録したジョーダンが選ばれた。 しかし若い世代の台頭の前に挫折を味わった末に、「I'll be Back」という言葉と共に最高の選手となって戻ってきたジョーダンは、これ以上ない完璧な形で復活を遂げたのである。 :2004-2009• ブルズはジョーダン不在の2シーズンの空白期間を経て、ついに王座奪回に成功した。

5
ブルズ マジック 対

しかしジョーダンとブルズはプレーオフで結果を残せなかった。

19
ブルズ マジック 対

全盛期はで迎え、時代は優勝に後一歩のところまで近づいたが、ピストンズが優勝する直前にトレードに出された。 また当時のオーランド・マジックやインディアナ・ペイサーズが非常に勢いがあった。

10
ブルズ マジック 対

結果 [ ] 日付 ロード スコア ホーム スコア 勝敗 (CHI-SEA) ボックススコア 第1戦 6月5日 スーパーソニックス 90 ブルズ 107 1-0 第2戦 6月7日 スーパーソニックス 88 ブルズ 92 2-0 第3戦 6月9日 ブルズ 108 スーパーソニックス 86 3-0 第4戦 6月12日 ブルズ 86 スーパーソニックス 107 3-1 第5戦 6月14日 ブルズ 78 スーパーソニックス 89 3-2 第6戦 6月16日 スーパーソニックス 75 ブルズ 87 4-2 4-2 ファイナルMVP: 0 7 8 9 13 22 23 (ファイナルMVP) 25 30 33 34 35 53 54 91 コーチ: シアトル・スーパーソニックス コーチ: ラストシーズン [ ]• このジョーダンの活躍がその後に続く快進撃の狼煙となった。 引退後はコーチ職に転向したほか、俳優や歌手にも挑戦している。 引退後はコーチ職に転向した。

16