死亡 ボクサー

1977年1月3日、木村孝仁(高橋)が死亡。

12
死亡 ボクサー

「その日、英治郎さんは友人と来店して客席でどんちゃん騒ぎ。

4
死亡 ボクサー

1944年3月29日、今井清(第一)が死亡。 迅速な救命・救急措置に欠かせないリングドクターについても、資金面の問題などを理由に一部の大手団体以外は常駐しておらず、一部のレスラーやなど関係者が救命術など講習する動きなどはあるものの、リング禍防止への取り組みは未だ鈍いのが現状である。

19
死亡 ボクサー

このスポーツを好きであることが罪のように思えてしまう。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 1978年6月30日、が、・での試合でホセ・ゴンザレスのパンチ攻撃を心臓部へ受け、同日死亡(ゴンザレスは1988年の刺殺事件でも知られる)。

6
死亡 ボクサー

試合後、リング上で意識を失い、そのまま試合会場近くの病院へ搬送されたが、4日間の脳死状態の末、実母の同意を得て酸素マスクを外され、試合から4日後のに死去した。 2013年11月16日、メキシコでに8回KO負けしたホセ・カルモナが、試合後に昏睡状態となり2度の脳手術を受ける。 ケビン・ランデルマン 満44歳 リアルドンキーコングの愛称で日本の格闘技でも人気だった。

12
死亡 ボクサー

2019年9月23 日 PJA NEWS パタヤ 35歳ロシア人ボクサーがホテルで転落、死亡 動画付き 昨日の2019年9月22日の朝7時頃、パタヤ南部のビーチリゾート、ジョムティエンのホテルで、35歳のロシア人のボクサー、Aleksei Zabolotskikhさんが転落しました。 日本では軽量級に競技人口が偏っているため軽量級で行われる試合が多く、そのため結果的に軽量級のリング禍がほとんどを占めているが、世界的に見れば競技人口の多いライト級やウェルター級近辺での発生が多い。