電子 版 新聞 日経

デジタル版に移行する ここまでは、日経新聞の購読料を安くする方法を紹介してきました。

電子 版 新聞 日経

お客様から販売店にご連絡いただく必要はありません。 日経新聞では「日本経済新聞電子版」というアプリを配信しています。 マルチデバイス(複数の端末で同じサービスを利用すること)に対応している点は、日経電子版最大のメリットと言えるでしょう。

電子 版 新聞 日経

まずは日経電子版で記事を読んでみてください。

9
電子 版 新聞 日経

2-1. 損をすることは一切ありません。 様々なサービスとの「連携」機能がある• 読み込む事で文章力もつくし、今、世界や日本社会で起こっていることをフラットに学ぶなら新聞が一番楽。

11
電子 版 新聞 日経

四季報については専用アプリでは読むことができないので注意しましょう。 今持っているスマートフォンで新聞を読むことができれば、移動中に新聞を読むことができますし、気になった記事は保存をすることができ、時間が空いたときに瞬時に取り出すことも可能です。 記事の保存やキーワードによる記事の収集、過去記事検索等の機能もバッチリです。

9
電子 版 新聞 日経

この4点を行うことができます。 記事をダブルタップして選択して、Evernoteに転送できる機能は大変重宝してますが、記事が選択される際、用語解説のようなセットになっている部分がほぼ確実に選択外にされるのが不満。

12
電子 版 新聞 日経

日経電子版を読むためには、いくつかの方法がありますから、各々がサービスやアプリを使い分けてログインしてください。 日経電子版の購読料は毎月4,200円となっていて、けして安い購読料とは言えません。

電子 版 新聞 日経

ただし、読むことができる新聞記事は丸三証券版という特別版になります。 なお、セット版の地域では、「朝刊のみ」の定価がありません。 購読せず図書館や銀行で読む 日経新聞を購読するのではなく、 図書館で読むという方法もあります 住民税を支払っているのですから、図書館を有効活用しない手はありません。

電子 版 新聞 日経

様々なサービスとの「連携」機能がある• 必要なときだけ日経新聞を読むのであれば、コンビニで購入した方がお得かもしれませんが、 毎日読むのであれば、定期購読がお得です。 。 ただし、自動ダウンロードを「オフ」にしておけば勝手にダウンロードされることはないので、データ通信容量を気にする人は必ず設定しておきましょう。