家 の アゴ ハプスブルク

大公(僭称)。 城は現在のスイスの・にある。 (1606年 - 1646年):神聖ローマ皇帝皇后。

14
家 の アゴ ハプスブルク

( - ):シュタイアーマルク公。 ( - ) 神聖ローマ皇帝レオポルト2世(帝位継承の際に大公位を譲位)• さて、本日は ハプスブルク家特有と評される独特の顔立ちについてお話したいと思います。

8
家 の アゴ ハプスブルク

赤の他人同士の間に生まれた子なら、0。 ( - ):神聖ローマ皇帝、スペイン王(カルロス1世)。 元欧州議会議員。

家 の アゴ ハプスブルク

マ行 [ ] マクシミリアン [ ]• カールも欧州議会議員を務めたが、こちらはオーストリア選出である。 カール6世 1685-1740 マリア=テレジア 1717-1780 ヨーゼフ2世 右側 1741-1790 フランツ=ヨーゼフ 1830-1916 さらに200年すると、最後のトレードマークだった下唇も小さくなり、顔にはちょっと丸みもでてきました。 (1779年 - 1846年):モデナ公。

5
家 の アゴ ハプスブルク

( - ):神聖ローマ皇帝。 (1522年 - 1586年):フィレンツェ公妃、パルマ公妃。

10
家 の アゴ ハプスブルク

Es geht nicht darum, die Heirat zu bewilligen oder zu verhindern. 最初に王家自身によって文書でハプスブルクの名前が使われたのは1108年に遡る。 2016年11月5日、一門およそ300人でを訪れ、ローマ教皇に拝謁した。

13
家 の アゴ ハプスブルク

一族の繁栄を守るため、自然の摂理に逆らった近親婚を繰り返し「高貴な青い血」を求め続けた結果、自ら 終焉を招くことになったスペイン・ハプスブルク家。

17